地球の歴史の中で、最も最近に起きた「地磁気反転」の痕跡をとどめる国際標準として、千葉県の露頭が選ばれ、年代の命名が「チバニアン」となる見通しがたったことが11月29日の報道で明らかになりました。

JBpressですべての写真や図表を見る

 このところ、停電や断水など、大変な災害が続いた千葉県としては、ひさしぶりにグローバルな朗報がもたらされたと言っていいかと思います。

 同じ千葉県内、佐倉の治水、利水の現状確認で先日は現地を巡検しての報告をお届けしましたが、今回は、以前にも触れたこの「チバニアン」という地層を少し掘ってみたいと思います。

国際地質科学連合の3次審査を通過

 千葉県市原市、養老川沿いに観察される、現在から約77万年前に堆積した地層の露頭は、「松山=ブリュンヌ逆転」と呼ばれる、現在までの地球史で最も新しい「地磁気反転」の時代を示しており、世界の標準になりうる候補に挙げられていました。

 それが、地元での何らかのトラブルによって、話自体が流れかけていた経緯については、以前このコラムで触れました。

 すでに報道されている通り「チバニアン」の国際審査に関しては、国内の反対者から「妨害」が仕かけられていました。

「チバニアン」の根拠と考えられるのは、千葉県市原市、養老川沿いの露頭です。この提案に反対する人物が昨年7月、当該の露頭に賃借権を設定して、科学的な調査のための立ち入りができないような「妨害」を行っていたわけです。

 妨害サイドは、当該露頭の調査データは捏造であると主張し、再度、現地調査しないと科学的な決着はつかないとしたうえで、現地に入れない妨害を仕かけました。

 これに対し、市原市は「科学的な調査のための立ち入りの妨害を禁止する」という、さらに上を行く条例を制定し対抗して、カウンターパンチを見舞います。

 さらに、国際地質科学連合の審査では、妨害サイドの主張そのものが相手にもされませんでした。

 このような経緯を経て今回、3次予選を無事に通過、順調に進めば2020年3月頃、晴れて「チバニアン」という名称が地球の歴史の上に刻みつけられる可能性が高いという報道が、今回あった。

 それ以降、地元での懸命な努力によって問題状況が改善し、このたび国際地質科学連合での3次予選を通過し、順調に進めば2020年3月頃、晴れて「チバニアン」という名称が、地球の歴史の上に刻みつけられる可能性が高い、という報道。

 度重なる災害に襲われてきた千葉県関係者には、何よりの朗報と思います。

 さてしかし「チバニアン」とはどのような時代、どのような特徴を示すのでしょうか?

「地磁気が反転して・・・」などと言われても、ハッキリ言って多くの読者にはピンと来なくて当然でしょう。どうしてそんな時代区分が重要になるのか?

 この問題を考えるには、地球の歴史を考えるうえで2つの異なる「年表」があることから始めるが有効と思います。

 一つは「地球物理的な年表」です。

 これは、いつ頃の時期に地球は氷河期だったとか、隕石が衝突したとか、物理的な特徴で跡づけられる歴史で、地磁気の反転もまた、そのような一つといってよいでしょう。

 もう一つは「古生物学的な年表」です。

 これは、分かりやすく言えば「化石」による年代の測り方で、多くの読者にはこちらのほうがはるかに馴染み深いと思います。

 つまり「ジュラシック・パーク」で広く知られる「ジュラ紀」は、恐竜の骨の化石が出てくることで特徴づけられています。

 また、陸上世界を爬虫類や植物が支配する数億年前には、生命はみんな水中にしか存在しませんでした。

 例えば節足動物の三葉虫・・・。現在のエビやカニ、あるいは寿司ネタのシャコなんかが似てる気がしますが、そういうあっさりとした口当たりの生命体が海中世界で爆発的な進化を遂げていた。

 カンブリア大爆発として知られる年代で、最初は甲殻機動隊が覇を競い合っていたものが、地球環境の変化で、より堅固なシェルターで身を守る方が生存しやすくなった。

 川エビの素揚げから、貝類の仲間、すなわちアンモナイトオウムガイなど、寿司ネタで考えても、違った食感のものに変化していったことが知られます。

 こういう連中が生きていたのは、恐竜時代よりも古く「古生代」と呼ばれています。

 これに対して恐竜時代は真ん中ですから「中生代」と呼ばれ、恐竜の子孫としては鳥類が代表的ですから、チキンとか合鴨みたいな食感のやつらが跳梁跋扈していた。

 私は中学高校時代に「地学部」というものに属して、幼く拙いジオロジー=地学の真似事に携わっていた時期がありました。

 後輩諸君、とりわけ毎年春の「部紹介」で、何とかして新入学の中一諸君の知的好奇心を喚起して、我が地学部に定着させようと工夫しておりましたので、この手の崩れたお話に変に慣れています。

 というわけで、しょせんはこの分野の素人ですが、畑違いの大学教員の観点から「これ式」の解説を続けさせていただければ幸いです。

 さて「地球物理的な年表」と「古生物学的な年表」2つの年代記があると記したわけですが、両者は密接に結びついています。

 すなわち、ニワトリカモメジョナサンのご先祖である恐竜たちは、地球全体が非常に暑い「温暖化」の時代に繁栄しました。

 彼らは素っ裸で暮らしていても風邪など引くことはありませんでした。というより、トカゲやワニなどの爬虫類は変温動物で、周囲の気温に適応しつつその日その日を暮らしていた。

 逆に言えば、そんな暮らしぶりでも生命活動の維持に差し障りが出るようなことはない温暖な地球環境だったわけです。それが「中生代」という時代だった。

 しかし、夏が過ぎれば秋が訪れます。中生代の温暖な気候の後には、厳しく寒い氷河期が訪れ、丸裸で過ごしていたステゴザウルストリケラトプスも、そのままの身体では生命を維持できませんでした。

 恐竜たちが絶滅する頃、寒冷化した地球上に適応したのは、皮膚の表面に特殊な防寒装備をまとえるよう適応した連中だった。

 その装備というのが「毛」にほかなりません。

 恐竜の子孫からは、特殊な「毛」、羽毛を身にまとい、空に飛翔する奴らも現れた。トリですね。

 これに対して、主として地上をのそのそしていた「毛」が生えた連中が「ケモノ」すなわち私たち哺乳類の祖先だったわけです。

 私たちの祖先は、ネズミの祖先でもあり、犬やサル、ネコやキツネタヌキ、牛、馬の祖先とも共通ないし近しい親戚で、鳥類ほど遠縁ではありません。

 ここでいきなり食べ物の話に戻るなら、ビーフでもポークでも、チキンほどあっさりはしていませんよね。脂ぎっている。

 これはつまり、温暖な中生代、ジュラシックパークの時代ではなく、寒冷な新生代、氷河期に進化して環境に適応した、生存のための生命の知恵を、私たちは「味覚」によっても弁別しているということになるといって本質的には外れないと思います。

「パンツをはいたサル」のチバニアン

 古生代が三葉虫アンモナイト、寿司ネタならシャコやタコ、イカの時代なら、中生代はジュラシックパーク

 恐竜やチキンの時代で新生代はポークビーフ、ほ乳類が進化した氷河期などという、専門家には怒られるに違いない大まかな分類で地球の歴史を振り返っているわけですが、もう一つ非常に重要なポイントがあります。

 それは、私たち「人類」の登場と、地球の歴史の関係です。

 人類はいつ、地上に現れたのでしょうか。

 その区切り、つまり万物の霊長という表現を用いるなら、霊長類の中で「ヒト」に分類して構わない最初の仲間が登場したのが、いまから200万年位前だと考えられています。

「猿人」と呼ばれる連中、というかご先祖様と呼ぶべきかもしれませんが、ほかのおサルさんたちと明らかに袂を分かたったのは「二足歩行」の創始と考えられています。

 それまでは木に登ったり四つ足で駆けたりしていたモンキーが、アフリカジャングル、食物に恵まれた「楽園」を追われ、サバンナを2本脚で歩き始めた頃・・・。

 背骨の上に頭がい骨を乗せる設計から、頭脳が大きくなる可能性が生まれ、それに適応してヒトがヒトとしてヒトらしくなっていった時期が、千葉県にもちゃんと刻印されています。

 それは、梅ケ瀬層と呼ばれる地層の中のカギとなる火山灰のシマシマが特徴的な「U6」という「キーベット=鍵層」のあたりである・・・と、42年ほど前に中学1年生だった私は先輩方から教わりました。

 もし現在大きく学説が変化しておりましたら、どうかご容赦ないしご教示いただけましたら幸いです。

 さて、この「梅が瀬層」の一つ上、つまり隣接した一つ新しい層が「国本層」で、これこそが「チバニアン」の時代にほかなりません。

 ということは「猿人」が登場した梅ヶ瀬層の次に古い、一つ新しい時代ということですから・・・「チバニアン」は、極めて大まかに言うなら、猿人の次、「原人」の時代ということになります。

 北京原人とかジャワ原人といった言葉をご存じの読者も多いと思います。例えばジャワ原人は180万年くらい前、68~78万年くらい前、と100万年も誤差がありますから、あくまでその程度の話として、理解の一助として頂きたいのですが、78~77万年ほど前の「国本層」が、原人たちが生活した時期に海底などに堆積した土壌であるのは、その程度の精度の範囲では十分成立する話と言えます。

 さて、では「猿人」と「原人」は何が違うのでしょうか?

 ジャングルの楽園を追われ、サバンナを歩いて狩りや拾い食いで何とか糊口をしのいでいた二足歩行する「猿人」たちは、頭蓋骨容積の増大と、そこから推察される脳の進化によって「道具」を作り出し始めます。

 チンパンジーオランウータンも木の棒を持ったり、それで何かをたたいたりしますが、石をたたき割って鋭利な切り口を作り、それを石斧として利用する、といった知恵はごく初期の猿人たちにはありませんでした。

 やがて石斧など使うようになった猿人たちが、ある日、自分たちが裸であると気がついて、前を隠したりした・・・かどうかは分かりません。

 それだと、アダムとイヴのエデンの園の神話になりますが、実際には、寒さを防ぐべく「革衣」のようなものを身にまとったり、木や獣骨の「骨組み」に毛皮などを載せた「天幕」によって暑さ寒さあるいは雨風をしのいだりするようになり始めた。

 つまり被服をまとうなど「原初の文明」と言えるものを、人類の祖先が生み出し始めた時期に名づけられたのが「チバニアン」という日本の地名だったのです。

 いまの若い世代には通じないかもしれませんが、「裸のサル」が「パンツをはいたサル」(前者はデズモンド・モリス、後者は栗本慎一郎さんの大ヒット作のタイトルです)になり始めた頃に当たります。

 その「チバニアン」時代を、どうして養老川沿いの「国本層」でマーキングすることになったか、といった地球物理の背景は紙幅が尽きましたので、続稿に記したいと思います。

(つづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  シャンパンタワー状態だった佐倉洪水

[関連記事]

グーグル量子コンピューターは何を達成したのか

大学はなぜヘイト情報を発信してはいけないのか