富士通12月2日、理化学研究所と共同開発したスーパーコンピュータ「富岳」の出荷を始めた。製造は富士通ITプロダクツ(石川県かほく市)で行い、理化学研究所の計算科学研究センター兵庫県神戸市)に納入する。2021〜22年ごろの共用開始を目指す。

【その他の画像】

 富岳は、富士通が開発したCPU「A64FX」を高速ネットワーク「TofuインターコネクトD」で15万個つなげて構成。スーパーコンピュータ「京」の3倍の消費電力で100倍のアプリケーション実効性能を実現する。出荷したのは富岳を構成するコンピュータラックの一つ。

 A64FXは英Armの命令セットアーキテクチャArm v8-A」をスーパーコンピュータ向けに拡張した「Scalable Vector Extension」(SVE)を採用。消費電力当たりの計算能力が高くなるよう設計されている。深層学習で重要な演算に対応できるため、AIの研究開発での利用が期待される。

 富岳のプロトタイプは、スーパーコンピュータの消費電力性能を示すランキングGreen500」で世界1位を獲得している。