VTuberアメノセイ@ame_no_sei)がボカロPアゴアニキ@agoaniki)さんを作詞作曲に迎え、新曲『知らない誰かの備忘録』を公開しました。

 “記憶を失くし、友達をたくさんつくりたくて”、動画配信をしているアメノセイ。本記事では、そんなアメノセイが歌う新曲の魅力に迫ります。

【オリジナルMV】知らない誰かの備忘録【アメノセイ × アゴアニキ】

 アゴアニキさんの楽曲といえば、『ダブルラリアット』のようなずっしりと響きながらも軽やかなベースラインが特徴のエモーショナルなバンドサウンドです。今回MVのイラストを担当したのは、とりから(@torikara_no_su)さん。

 実は『知らない誰かの備忘録』は、再生数200万回を超えた名作MV『【巡音ルカ】ダブルラリアットに合わせてチャーハンつくるよ!【炒飯】』以来10年越しとなる「アゴアニキ×とりから」タッグで作られているのです。

 『知らない誰かの備忘録』MVの冒頭では、チェス柄が透過されたデザインの少年が登場し、チェス駒を背景にゆっくりと歩みを進めます。

これまでと同じような毎日を

過ごしていく僕は笑うこともなく

 少年の透過されているデザインが、彼の心の空虚さを表しているようです。繰り返し流れていく日々の中、何もできずにいる自分に違和感を覚えている歌詞の内容に「もう泣きそう」と共感する視聴者からのコメントも見られます。

 暗い気持ちを抱え、下を向いて歩く少年の目の前に、天使のようなアメノセイが登場します。

悲しい記憶にも負けないように
これから前を向けるように 今まで見てきた感じたボクの楽しい記憶をあげましょう

 アメノセイが少年と手をつないだ瞬間、透過された状態の少年は自分の“色”を取り戻します。そして少年に楽しい記憶を与えたアメノセイはその役目を終え、自身が透過した姿に変わってしまいました。

 曲の2番では、またも透過されたデザインの少女が登場します。1番では幼さが残る少年らしい歌声だったアメノセイが、2番ではかわいらしい少女の歌声で心の悩みを表現します。かわいい‼」「歌い分け凄いな」アメノセイの歌唱を称賛するコメントも見られました。

 曲を聞き進めていくと、悩める少年少女に優しい記憶を授けたアメノセイは、それと引き換えにリボンだけを残し、その姿と記憶を消してしまいます。

いままで会った人達が最後にこう言った
あなたにもらった笑顔のように
あなたがくれた涙のように
迷わず前に歩いていけます 優しい記憶を「ありがとう

 消えゆく記憶の中で、過去をたどっていくアメノセイ。穏やかな表情をした少年少女に最後に言われた「ありがとう」の言葉に……。

楽しい記憶も悲しい記憶も 無くしてしまったボクだけど

愛しい記憶がなくならないように 最後に泣きながら笑った
生まれ変わったとしても出会ったすべての人を
幸せにしたいと夢見て消えましょう

 記憶がなくなり、生まれ変わってもまた、出会ったすべての人を幸せにしたいと語るアメノセイ。ものすごく健気で優しい気持ちに触れた視聴者からは「ああ…ああああ……」「うわああああああああ」と涙腺が崩壊した様子のコメントが続出しました。

視聴者コメント

エモいわ・・・
好きすぎてしんどい
イラストかわいいおしゃれ
えっ、かわいい…かわいすぎん??
リボンだけ残るの泣ける

▼動画はこちらから視聴できます

【オリジナルMV】知らない誰かの備忘録【アメノセイ × アゴアニキ】

―あわせて読みたい―

ボカロ曲『Scattered Dreams』のモフモフ可愛いすぎる世界観――ぬいぐるみへの愛あふれる歌詞に「センスが最高! クレーンゲームが尊く感じた」の声

桜乃そら先生が“無限にホメてくれる”&ベースが超絶気持ちイイ曲に感動