富士通は、理化学研究所と共同で開発し、文部科学省2021年から22年頃の共用開始を目指し推進しているスーパーコンピューター「富岳」の出荷を12月2日から開始した。第一号機は高性能CPU15万個以上を接続し、富岳を構成するコンピューターラックの一つで、今後も順次、兵庫県神戸市にある理研の計算科学研究センターに向け出荷・納入し、設置・調整を行う。

オリジナルで読む



 富岳は、Arm命令セットアーキテクチャーを採用して開発した高性能CPU「A64FX」15万個以上を高速ネットワーク「TofuインターコネクトD」で接続する超大規模システム。「京」と比較し、最大で100倍のアプリケーション実効性能を約3倍程度の消費電力で実現することを目指し、開発している。

 富岳の製造は、石川県かほく市にある富士通ITプロダクツで行っており、12月2日に初出荷されるコンピューターラックは、兵庫県神戸市にある理研の計算科学研究センターに納入される。

 今後富士通は、富岳の技術を活用した商用スーパーコンピューターFUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」「PRIMEHPC FX700」をグローバルに提供していく。

「富岳」を構成するコンピューターラック