エッチの後の彼氏は寝てばかりで、いつも寂しい思いをしています。」と訴える女性がけっこういるのです。確かに幸せな時間が嘘のように悲しくなるのでしょう。実際、別れたほうがいいのか悩む女性もいるのです。
そこで心理カウンセラーの筆者が、すぐに寝てしまう男性心理と付き合い方まで、わかりやすく丁寧に解説していきたいと思います。彼氏のことは好きだけど寝てばかりでつまらない......なにかいい解決策はないのか。あるいは別れたほうがいいのか、悩んでいる女性は必見です。


こんなとき彼氏は寝てばかり!別れるしかない?


まず「彼氏が寝てばかり!別れるしかないのか?」から、詳しく見ていきたいと思います。

情事の後すぐ寝てしまう
多くの女性が理解に苦しむのは、この情事の後にすぐ寝てしまうことではないでしょうか?いわゆるエッチの後に女性は余韻を楽しみたいのに、男性は何事もなかったように、あるいはあんなに幸せな時間が嘘のように、すぐに寝てしまうのです。
女性としては、寂しさを通り越し情けなくもなりますよね。あんなに愛されていると思っていたのに!嫌われたのではないか?と不安でいっぱいのことでしょう。いやいや違いますよ!男性は愛する女性のために精魂を使い果たし、寝てしまうのです。
余韻に浸りたい女性とは、まったく逆に生理学的にピークを過ぎると一気に急降下するのが男性の特徴なのです。決して抱いた女性が嫌いで寝ているわけではないので、ご安心ください。別れるなんてことはしなくていいと思います。

デートの後すぐ寝てしまう
デートの後すぐ寝てしまうという場合はどうでしょうか?この場合、帰りの電車や彼女運転の助手席で寝るとかになると思います。同棲中の彼氏の場合、彼女との居心地のよさからデート中は彼女と楽しみ、あとは安心して眠るのでしょう。
彼女としてはデート後も、ふたりでずっとおしゃべりしたり、いちゃついたりしたいのです。この彼女の気持ちもわかりますが、彼氏としては安心とやすらぎから、日頃の疲れもどっと出てくると思われます。眠りながら頭を寄せてきて、ある意味かわいいと思いませんか?別れる必要はないと思います。

休日も寝すぎ
休日の寝すぎも困りますよね。「休日だからこそ、ふたり仲良く出掛けたいのに!」と不満ですよね。同棲中は「いつも一緒なんだから特別出掛けなくてもいいだろう。それよりは寝ていたい!」が彼氏の言い分なのでしょう。

彼女としては「せっかくの休みを寝て過ごすなんて、ありえない!」と思っても当然でしょう。
同棲中でなければなおさら「休日も寝てるなんて、じゃあいつ会うの?」と思ってしまいますよね。さすがに休日まで出掛けず寝てばかりは、女性は嫌ですよね。
しかしちょっと待って下さい。やはり仕事の疲れが溜まっているのかもしれません。重大な仕事を任されているということも考えられますよね。まだ別れることは考えなくてもよさそうです。


寝てばかりの彼氏がツラい理由


次に、寝てばかりの彼氏がツラい理由を詳しく見ていきます。女性の言い分はたくさんあるでしょう。そのときの女性の心理を、わかりやすく解説します。

ひとりでいるみたいに寂しい
ひとりでいるみたいに寂しいのが一番の理由の気がしますね。いままであんなに楽しかったのに急にとり残された感じがして、ひとりでいるみたいに寂しく感じるのでしょう。女性は楽しい思いをずっと引きずりたいですよね。
彼氏が始めから寝ていると、ふたりでいてもひとりでいるみたいに寂しいと感じるでしょう。寝顔を見るばかりでは、ふたりでいる意味もなく寂しくツライ気持ちになりますよね?同棲をしていないカップルも、自分が彼女でいることを疑いたくもなるでしょう。

とにかくイライラする
とにかくイライラすることが挙げられますね。せっかくふたりで楽しく過ごそうと思っていても寝てばかりの彼氏では、イライラするのも当然でしょう。こちらの思いを無視したかのような態度には、同棲中だと特に目につき、呆れてイラついてしまうと思います。
同棲をしていないカップルでも、たまの休日に寝てばかりでは「えー、また?私はなんなの?」と叫びたくなりますよね!ふたり揃っての休日がなかなか取れない貴重な休日にも寝てばかりでは、とにかくイライラが募り、別れたくもなるでしょう。

自分勝手でムカつく
自分勝手でムカつくというのもありますよね。こっちの都合や気持ちも考えずに寝てばかりの態度が、自己中心的でイラつくのです。同棲中は同じ空間にいることから特に「いい加減にしろ!」とムカつき、大声を張り上げたくなりますよね。
同棲をしていないカップルの場合は、自分勝手に寝てばかりの彼氏だと、まったく予定が立たずムカつく一方なのです。ツライ気持ちが募っていくと「自分のことはなにも考えてくれない!別れたほうがいいかもしれない」と思うでしょう。

「寝てた」とLINEが返ってこない
「寝てた」とLINEが返ってこないこともあるでしょう。久々の休日でデートプランを考えようとLINEしても、ずっと後から「寝てた」と返信。もう時間も遅くどこへも出掛けられず、がっかりですよね。
デートよりも寝ることを優先させる彼氏は「自分の存在はその程度なんだ!」と彼女に思わせてしまうでしょう。せめて寝ている途中でも電話に気づいてくれればいいのに……という気持ちになるのは当然です。


寝てばかりの彼氏の心理や理由


続いて、寝てばかりの彼氏の心理や理由をわかりやすく解説します。

好き嫌い関係なくとにかく眠い
彼女のことを好き嫌い関係なく、とにかく眠いということが挙げられます。彼女のことが好きとか嫌いとかの次元の話ではなく、若いという証拠。生理的にとにかく眠くてしょうがないのです。
こういう人は通勤途中の電車の中でも、とにかく少しの時間でも合間を見てどこでも寝る人だと思います。少しの合間にもどこでも寝るのが癖になっているのでしょう。したがって、休みとなれば朝からたっぷり寝てしまうと思われます。またこういう人は、寝ないと調子が悪いのでしょう。

仕事で疲れていて眠い
仕事で疲れていて眠いということが考えられます。多くの場合、これが理由だと考えられます。プレッシャーのかかる仕事から解放されたことで緊張がほぐれ、どっと疲れが出て眠くなることが原因と考えられます。
確かに、責任のある仕事で忙しければ忙しいほど精神的にも疲れていて眠く、彼女のことまで気が回るエネルギーが無くなっているのでしょう。ただひたすら眠く休日となれば、死んだように眠ってしまうと思われます。こんな彼氏は、そっと寝かせておきたいですよね。

本能に勝てない
本能に勝てないということも先にも述べたようにあります。情事の後の脱力感は、情事が盛り上がれば盛り上がるほど、半端なくやってくるのが男性の本能と言っていいでしょう。
女性には理解しがたいことだと思いますが、心当たりがあり多くの女性は経験済みだと思います。
その後の気持ちは、まだまだ気持ちは収まらないのが女性で、身も心も収まった状態で本能に勝てないのが男性なのです。したがって、情事の後の男性と女性は「真逆」だと思うと理解しやすいでしょう。

悪気はない
悪気はなく単純に眠いのだと思います。この悪気がないという男性の行為はちょっと厄介で、眠いから寝るという自然に任せているということです。誰だって食後とかは特にお腹いっぱいで眠くなりますよね。だからと言って、すぐその場で寝たりしないと思います。
悪気がなく寝てしまうのは幼稚な行為で、大人の対応とは言えないでしょう。なぜなら、眠くてもその場の状況により判断し眠気を我慢して対処するのが大人の対応と思うからです。

夜勤明けで眠くなる
夜勤明けで眠くなることがあると思います。日中の仕事とは違い夜勤になると体のサイクルが追い付かず、どうしても夜勤明けには眠たくなるのは当然なのです。それだけ普通の人が寝ている時間に仕事をすることは大変なことだと思います。
このことは、女性のほうが理解してあげないといけないでしょう。夜勤明けに寝てばかりいると文句を言う女性のほうが、理解できないですよね。
自分が休みでも彼氏のために黙って寝かせてあげましょう。一緒にいないときもLINEなどは控えるべきです。


彼氏が寝てばかりでツラいから別れたほうがいい?


それでは、彼氏が寝てばかりでツラいから別れたほうがいいのか、わかりやすく解説します。

まずは彼氏に直接不満を話してみよう
まずは彼氏に直接不満を話してみることをオススメします。そもそも男性と女性の考え方や体の作りが、まったく違う場合が多いのです。話してみないとお互いわからない部分が多く、誤解してる場合もあるでしょう。
したがって腹を割ってじっくり、自分気持ちを素直に打ち明けると良いと思います。意外にも彼氏は、まったく彼女がそのような不満を持っていたことに気付いていなかったり、彼女に寂しい思いをさせていたことがわかったりするでしょう。
そのように彼女の気持ちがわかれば、改めてくれるところもあると思います。しかし、彼女のほうも彼氏の気持ちに理解を示さないといけないでしょう。そのようにお互い歩み寄ることが解決策になると思います。

怒るのではなくどう感じるかを伝える
怒るのではなくどう感じるかを伝える必要があると思います。素直にどう感じるかを伝えればよいのに怒る女性がいますが、それはNGです。生理現象を怒られては、男性も穏やかではいられないでしょう。
「そんなわがままなことを言って!」と言われるだけです。最悪は喧嘩になりかねないので、あくまでも静かに素直にどう感じるかを伝えるべきでしょう。このときも男性の気持ちにも耳を傾けることも必要になってきます。

相手の出方次第で別れも検討
相手の出方次第で別れも検討しなければいけないこともあるでしょう。素直に気持ちを打ち明けても平行線をたどり、歩み寄りが見られなければ別れも検討しなければならないと思います。
なぜなら歩み寄れないのであれば、そもそも価値観がまったく違っていて、この先も上手くやっていける保証などないからです。間違って結婚したとしても長くは続かないでしょう。相手の出方次第で別れたほうがよいかもしれません。


寝すぎる彼氏への対処法


また、寝すぎる彼氏への対処法についてもわかりやすく解説していきます。

気持ちを伝えて様子をみる
気持ちを伝えて様子をみることが大事だと思います。彼女の気持ちを聞いて、寝すぎる自分の態度をどう思うかですね。少しでも改めようと思うのか?改めようとしても態度で示すことができないのか?でいろいろ変わってくると思います。
まずは黙って彼氏の様子をみていましょう。様子を伺うことにより、彼氏が自分のことをどの程度想っているかわかると思います。まったく変えようとしなければ別れも考えたほうがいいかもしれませんね。

変わらなければ別れたいと伝える
「変わらなければ別れたい」と伝えるのもひとつの方法だと思います。この「変わらなければ別れたい」という彼女のことばに、どのように反応するかですよね。彼女との別れと寝ることを天秤に掛けたら、どうなるのでしょう。
やっぱり変わらず寝ることを取るようであれば「どうぞ、ずっと寝ててください」と言って別れたいですね。内心「そのまま起きるな!」とでも言ってやりたいところですが、静かに穏やかに別れましょう。

あえて疲れが取れるデートを提案する
あえて疲れが取れるデートを提案するのもよいと思います。たとえば、スーパー銭湯や健康ランドなど、ふたりで楽しみながらデートするのもいいですね。彼氏の心身の疲労がほぐれ、彼女に感謝することでしょう。
彼氏の疲労度によって極力、疲れが取れるレジャースポットをデートコースに検索しておくことをオススメします。いろいろそこまで考えてくれたら彼女を惚れ直し、ふたりの仲もずっと続いていくことでしょう。

セックスまでひっぱる
セックスまでひっぱることも手でしょう。寝ている彼氏をその気にさせ事を成し遂げさせれば、ふたりのコミュニケーションも取れると思います。またその後にぐっすり寝られると思いますが、なにもしないで始めから寝られるよりはいいでしょう。
しかし疲労が溜まっている彼氏には、逆効果になることも考えられるので、その点は気を付けたほうがいいと思います。あくまでもそのときの状況によりますので見極めが必要です。


シーン別、寝てばかりの彼氏への対処法


さらに、シーン別寝すぎる彼氏への対処法をわかりやすく解説します。

同棲しても彼氏が寝てばかりで寂しい
同棲しても彼氏が寝てばかりで寂しいというときは、彼氏の仕事の状況などを把握した上で判断しましょう。果たして自分が「寂しい!」と言っている場合なのか?です。一緒にいるなら、彼氏の大変さを理解することが大事だと思います。
疲れてが溜まっていそうなら、マッサージをしてあげることや栄養たっぷりの手作り料理などいかがでしょう。彼氏のために寂しいと思ってる暇がないほど、尽くしていれば寂しさもなくなってくると思います。

慣れからくる安心感で寝てしまうと受け入れる
「慣れからくる安心感で寝てしまう」と受け入れることで。気持ちが楽になると思います。「とにかく彼女といると落ち着いて安心感で寝てしまう」ということは、まんざら嘘ではないでしょう。
彼女のお母さんのような包容力に甘えているとも思います。そんな彼氏には、甘えさせればいいのです。寂しかったら添い寝もいいでしょう。そしてたまには頭をナデナデしてあげると喜ぶと思います。

休みの前日は起きていて欲しいと伝える
せめて休みの前日は起きていて欲しいと伝えるといいでしょう。「明日は寝かせてあげるから、今夜は私のために少し長く起きてて!」って、甘えるように言ってみるのもいいと思います。意外にも「わかったよ!」と言ってくれるかもしれません。
そう言いながら寝てしまっても文句を言ってはNGです。せっかく努力しようとしてくれたのですから「また後でね!」とでも言っておきましょう。

遠距離なのに彼氏が寝てばかり
遠距離でせっかく会えたのに、彼氏が寝てばかりも困ったものですね。このときは彼氏と手を繋いで、自分もそばで眠りましょう。そのとき遠距離の彼氏にせめて感触だけでも忘れないようにと体を密着させます。
そうすれば、いい加減彼女の香りと存在に目を覚ますでしょう。それでも起きなければ相当疲れていると解釈して休ませてあげるとよいと思います。

寝られない環境のデートを提案する
寝られない環境のデートを提案するのもいいですね。ミュージックライブスポーツ観戦なども、興奮して寝てる場合ではないと思います。あらかじめ彼氏の好きそうなライブスポーツ観戦のチケットをゲットしておきましょう。

事前に出かけるプランを提案する
事前に出かけるプランを提案するのもひとつの方法ですね。ちょっと遠出をするような所は早く出なければいけないなど、寝てられないことを考えて場所をリサーチしておきましょう。できれば彼氏の運転で行くような所もいいでしょう。
しかし気を付けたいのは、疲れが溜まっていて居眠り運転することなので、そのへんは彼氏としっかり打合せする必要があると思います。


まとめ


ここまですぐ寝る彼氏の心理と付き合い方についてわかりやすく解説してきました。対処法もいろいろありましたが、寝すぎの彼氏への不満はぶつけた上で判断しましょう。言葉にすることでお互い誤解がなく理解することができると思います。(HIKARI/ライター)
(ハウコレ編集部)

彼氏が寝てばかりで寂しい!すぐ寝る彼氏の心理と付き合い方