多くの学生たちが「就活」を経て、自分の理想とするファーストキャリアを選択する。

就活
※画像はイメージです
 ところが、人生の大事な分岐点である就職戦線において、女性の就活生が企業の人事担当者、あるいはOB・OG訪問といった就活に必要な情報収集をする際、セクハラパワハラといった不当な扱いを受けるという被害が近年急増している。

 2019年2月18日には大手ゼネコン・大林組の男性社員(27)が、自宅マンションにOB訪問に来た女子大学生を連れ込み、強制わいせつ容疑で逮捕。

 3月26日には大手商社・住友商事元社員(24)が、OB訪問を希望した女子大学生を、カラオケ店の個室で大量の酒を飲ませて泥酔させた。トイレ内で胸を触り、その後、宿泊先のホテルに侵入して性的暴行を加え、逮捕されている。

「就活セクハラ」の被害を訴える記者会見

 そういった就活の深刻な実情を踏まえて、12月2日午前11時霞が関厚労省記者クラブにおいて、「就活セクハラ」の被害を訴える記者会見が行われた

 会見では、東大・早稲田・慶應義塾・上智・創価・ICU国際基督教大学)の学生有志らによるネットワークSAYSafe Campus Youth Network)、Voice Up Japanの山下チサトさん、そして、東京大学大学院 情報学環の林香里教授、上智大学法学部の三浦まり教授らも同席した。

 また、会見には「就活中にセクハラや性暴力を受けたことがある」と証言する、現役の女性就活生AさんとBさんが登壇。その生々しい就活セクハラの実態を証言した。

「私の就活はインターンから始まり、企業面接やOB訪問などにも積極的に参加して、なんとか内定をもらえるように一生懸命努力して来たつもりです。それなのに、面接を受けた企業の社員さんとの食事会では、『君は彼氏いるの?』とか、『うちは社内結婚がとても多いから君も安心だね。だけど早めに彼氏を作らないと売れ残っちゃうぞ』というような就活にまったく関係のないことを言われてしまい、とてもショックでした」(Aさんの証言)

ハラスメント防止策に抑止力はほとんどない

左から東京大学大学院 情報学環林香里教授、上智大学法学部三浦まり教授、Voice Up Japan ICU支部山下チサトさん
 このAさんは、精神的にショックを受けつつも、「相手は自分が志望する企業の社員さん。こんな気色の悪い冗談でも笑ってごまかすしかなかった」と言う。Aさんが続ける。

「企業の人事担当者に、空気が読めないコミュニケーションの取れない就活生だと思われてしまうと、次の選考には絶対に進めません。私はこんなツラい就活を後輩たちに経験して欲しくない。そのためには、私たちを守ってくれるきちっとした法律や指針が必要なのではないでしょうか」

 2019年10月21日厚労省が「職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上構ずべき措置等に関する指針の素案」という指針案を示した。しかし、そこには就活生に対するハラスメント防止策について「望ましい」とだけあり、実効性のある抑止力はほとんどないというのが現状だ。

「就活アプリ」の問題点

 続いてもう一人の証言者であるBさんは、前出の大林組の男性社員が強制わいせつ容疑で逮捕されるきっかけとなった「就活アプリ」について言及する。

「『就活アプリ』を積極的に活用している学生は多いと思います。今は『OB訪問アプリ』というのが出回っていて、これは就活のアドバイスが欲しい学生と企業に勤める社会人マッチングするアプリなんですけど、事実上、出会い系アプリのようになってしまっています。

 例えば、私が聞いているのは、アプリで知り合った社会人男性から『一緒にラブホテルに行くならエントリーシートを手伝ってやる』とか、就活のアドバイスと引き換えに性的関係を迫られるということも実態としてあるようです」

リクルーター制度がセクハラ、パワハラの温床に

山下チサトさん
山下チサトさん
 Voice Up Japanの山下チサトさんによれば、このような就活セクハラが原因でメンタル面が不安定になってしまい、引きこもりになってしまうケースも報告されているという。

「あと最近増えているリクルーター制度(企業の人事担当者ではなく、若手社員が行う採用活動のこと)にも問題が多いと思います。これは私の肌感覚ですが、女性に対するハラスメントなどについての基本的な教育がまったくされていない。セクハラパワハラの温床になっている印象すらあります」(前出のAさん

 今回の記者会見の後見人である林香里教授と三浦まり教授は、厚労省の指針には就活生がハラスメントからの保護対象に含まれていないとして、不十分であるという認識を本会見で示した。

 なお、職場のパワハラ指針に関して、2019年12月20日まで政府がパブリックコメントを募集している。これを機に「就活セクハラ」について意見があるという人は、ぜひパブコメ応募してみては。もしかしたら法改正に良い影響を与えるかもしれない。

<取材・文/永田明輝>

【永田明輝】

関西でよく売れていた某実話誌の編集を経てフリーライター化。愛好するジャンルは裏社会・心霊オカルト陰謀論フィギュアおもちゃなど

左から東京大学大学院 情報学環林香里教授、上智大学法学部三浦まり教授、Voice Up Japan ICU支部山下チサトさん