住友林業は2041年に地上350m・70階建ての超高層木造ビルを建設する研究技術開発構想W350計画を発表した。

住友林業_インタビュー
住友林業・筑波研究所長の、中嶋一郎さん
 木造で東京タワー333m)よりも高いビルを建てることは果たして可能なのか? 住友林業筑波研究所長の中嶋一郎さんに、W350計画が出来た経緯とその実現可能性について話を聞いた。

木を使って環境を良くしたいという思い

W350_俯瞰図
2041年に竣工予定の木造高層ビルイメージ図/提供:住友林業)
――W350計画ができた経緯はどのようなものでしょうか。また、なぜ木造の超高層ビルを計画するに至ったのですか?

中嶋一郎(以下、中嶋):実は、W350計画は“木造の高層ビルを建てること”だけが目標ではありません。

 住友林業では1691年(元禄4年)の創業以来、木を活かして豊かな社会を実現することを経営理念に事業を行ってきました。そして、創業350周年を迎える2041年に『木の価値を高める技術で世界一の存在になる』という大きな目標を示したのが、W350計画です。超高層木造ビルの建設はこのプロジェクトのうちのひとつになります。

 現在、W350計画の研究所では、植林技術・材料の製造技術・建築・住まいの建築技術を包括した研究を行っております。これらの技術開発を、超高層木造ビルの建設を通じてアウトプットしていきます。将来的にはW350計画のスキームを通じて“木を用いた持続可能な街づくり”(=環境木化都市)が実現していること。これが一番の目的になります。

――W350計画で建設予定の超高層木造ビルは構造部分の9割が木造となっています。鉄骨やコンクリートなど木よりも丈夫な素材がある中でなぜ、ここまで木造にこだわっているのでしょうか?

中嶋:木の特徴として、まずは空気中のCO2を炭素として固定すること、そして唯一再生可能な自然素材であることが挙げられます。これからいろいろな建物に木を使ってもらいたいと考えたとき、そのための技術を確立し、人々に木の価値と可能性を認めてもらう必要があると考えました。W350計画は木の可能性を具体化させるという意義を持っております。

木造高層ビル、実現には1000以上の課題も

住友林業_インタビュー2

――木で350mの建物を建てるというのは途方もない計画のように思えますが、現状の課題や取り組みをお伺いしたいです。

中嶋:住友林業では、W350計画で克服すべき課題をあらかじめ設定しております。課題の数は大きなものだと108個、小さなものだと1000を越えます。

 まず1つには耐震性です。すでにノルウェーでは85m・18階建ての木造ビルが完成しておりますが、地震大国である日本ではより耐震性が求められます。ゲノム選抜による苗の選定や遺伝子レベルの解析によって、より強い苗木を見つけ増殖し強固な木材を創出する研究を行っています。

 また、高層ビルの建設には現段階では総工費試算で6000億円を見込んでおり、事業としてはコスト面で課題があるのは確かです。ただしこの費用の中には技術開発費や、いまだ存在しない材料開発なども含まれております。

 今回の計画はあくまで事業化計画ではなく、350mの木造ビルを建てられる技術を確立させることが大きな目的であると考えております。

火災に強い木造建築に必要なのは

W350_バルコニー
ビル外周部に設けられるバルコニー(イメージ図/提供:住友林業)
――最近では首里城の火事などもあり、人々の中で木造建造物に対する不安は大きいと考えています。こちらに対してはどのようにお考えでしょうか。

中嶋:みなさんご存知のとおり確かに木は燃えます。それは他の素材も同様なのですが、特に古い木造建築物の火災などで、木造=燃えやすいという印象がついてしまっているようです。もちろん木は燃えやすい素材ではありますが、実は、建物の素材よりも“どのような構造にするか”のほうが大切です。

 15階を超える建物では3時間、火にさらされても耐えられることが必要条件となっていますが、住友林業では木が燃えるメカニズムを研究することによって火のまわりを遅らせる研究を行っております。

 また、火事の際に最も大きな死因となるのが煙です。煙を避けながらいかにスムーズに避難できるかが大切であるため、建物の外周部に上り下り可能なバルコニーや建物の中心に排煙しやすい吹き抜けを作ることによって安全性を確保できる設計を行っています。

実現すれば、環境・雇用にメリットも

W350_イメージ図
イメージ図/提供:住友林業)
――建物の木質化によって環境問題にコミットできるというのが、W350計画の大きな意義ではありますが、それ以外にも何かメリットなどございますでしょうか。

中嶋:我々は木造の建物で仕事や生活をした時に、人々のパフォーマンスがどのように向上するのかについてエビデンスを積み上げ数値として示せるよう日々研究しております。

 また、木の価値を認めてもらい、どんどん木を使っていただけるようになれば、そのぶん植林と育成が必要になります。資源が循環し、新たな雇用機会も生まれます。これが地域創生のきっかけになるのではないかとも考えております。

=====

 現在、住友林業ではW350計画実現に向けて30m、100m、200mと段階的に木造ビルの建設を予定しており、すでに筑波研究所の新研究棟(15.3m)が木造で完成している。

 今では途方もない計画のように思えるが、技術の進歩によって、2041年には「350mの木造ビルを建てる」と言っても誰も驚かない時代になっているかもしれない。

<取材・文・撮影/けんぢる>

【けんぢる】

ライター。若者のキャリア、仕事について執筆

住友林業・筑波研究所長の、中嶋一郎さん