ブレシアは2日、ファビオ・グロッソ監督(42)を解任したことを発表した。なお、後任にはエウジェニオ・コリーニ前監督が復帰することも併せて伝えられている。

8シーズンぶりにセリエAに昇格したブレシアだが、10試合終了時点で2勝1分け7敗の18位と低迷すると、11月3日にエウジェニオ・コリーニ監督(49)を解任。後任に、元イタリア代表DFのグロッソ氏を指名していた。

しかし、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリとの衝突もある中、就任後の3試合では全敗で最下位にまで転落。さらには0得点10失点の散々な結果でチームを立て直すことができなかった。

サムネイル画像