HISが年末年始の海外旅行予約動向を発表し、香港やソウルランクを下げた一方、アジア諸国や上海が順位を上げたことが分かった。

【こちらも】2019夏休み、海外旅行が過去最高へ 消費額も大きな伸び

■政情不安で香港がランク

 11月29日、HISが年末年始における海外旅行予約動向を発表した。総合順位の1位はホノルルで8年連続のトップ。以下、台北、グアムソウルバンコクシンガポール、上海、セブ島、バリ島、ダナンの順。

 昨年2位のソウルが4位に、7位の香港がランク外となった点については「政情などを背景」としており、「替わりにアジアビーチが上位にランクイン」したことで、昨年13位のダナンベトナム)がランク入りしている。

■9連休でホノルルランクイン

 航空券では総合同様にホノルルが8年連続でトップ。以下、ソウル、台北、バンコクグアムシンガポール、上海、マニラ、ロスアンゼルス、セブ島の順。

 上位に大きな変動はないものの、昨年8位の香港がランク外になり、昨年13位のロスアンゼルスがトップ10入りした。これについては最大9連休になることから、長距離路線の需要が増えており、「特にヨーロッパアメリカ方面は2桁増で推移」という。

 総合では昨年10位から7位アップした上海は、航空券でも9位から7位に上昇しており、中国南方航空(10月27日~)や春秋航空12月12日~)が、成田から新規就航することも影響したようだ。

ツアーグアムトップ

 ツアーではグアムが昨年の3位から順位を2つ上げてトップとなった。その一方で昨年1位だったホノルルは2位に下げた。ホノルルFIT化(Foreign Independent Tour:個人旅行)が進み、グアムは「新千歳・成田・中部・関空・福岡空港といった、各地域で展開するチャーター便を利用した商品が好調に推移」したという。

 以下は、台北、シンガポールバンコクソウル、バリ島、ダナン、ケアンズ、セブ島の順。昨年8位の香港がランク外になり、昨年11位のダナントップ10入りした。

■出発日は年内に集中

 最も人気のある出発日は12月29日。以下、12月28日12月30日12月27日12月26日の順。先に書いたように、9連休でヨーロッパアメリカなどの長距離路線が好調であるとともに、連休の前半で海外旅行に行き、後半を自宅で過ごす傾向もあるという。また、出国ピークは12月29日、帰国ピークは1月3日となっている。

2020年ロシアに注目

 同社社員に聞いた2020年ヒットしそうな旅行先トップ10も公表している。1位はロシアで、日本航空全日空の就航が決まっていることや、距離が比較的近いこと、電子ビザの導入が始まることなどを理由としている。

 以下、ニュージーランドトルコ、サイパン、イスラエル南アフリカパースオーストラリア)、モロッコ、ドバイ、ミャンマーの順になっている。

年末年始の海外旅行、ホノルルやグアムが人気 香港・ソウルは人気下落 HIS調査