フェリシモが展開する「フェリシモ女子DIY」のオリジナルの工具「これさえあれば!のぷちドラセットに、注文が集中しています。

2019年11月8日に公式ブログで発表し、ウェブ販売を開始したところ、注文が相次ぎ、2020年2月下旬~3月下旬の到着予定と発表されました。

機能が詰まってるのにコンパクト

「これさえあれば!のぷちドラセット」は、かわいくて使いやすい、女子に嬉しい5つのポイントを押さえた工具です。ものづくりのまち、東大阪でプロの職人が使う工具も生産している「新亀製作所」と「フェリシモ女子DIY部」のコラボによって誕生しました。

まず目を引くのが、見た目のかわいさ。本体カラーは、公式ツイッターでのアンケートで1位になったピンクが採用されています。

そして、ドライバー本体には、#0プラスドライバーマルチビット、4.5mmマイナスドライバー、キリ(各1本)をセット。いざ使いたいときに「どこいった?」となりがちなビット(ドライバーの先端に付ける部品)は本体に収納できるので、なくす心配も減ります。

中でも「マルチビット」は、1本で#1~3サイズプラスねじに対応する優れモノ。家具の組み立てから電池交換まで、さまざまな用途に使えます。

マルチビットが合わないほど小さいサイズのねじには、付属の#0サイズプラスドライバービットを使えば、家にあるほとんどのねじに対応可能です。セットされているビットは、「ぷちドラ」以外の電動ドライバーにもつけられます。反対に、市販の電動ドライバー用のビットを「ぷちドラ」で使うことも可能です。

さらに、本体の後ろにはくぼみが付いていて、締めるときにかなり力が必要なヒートン(吊り金具)の取り付けも楽チン。蝶ねじなどの付け外しも、手が痛くならずにこなせます。

女子がDIYに取り組むときに必要な機能を備えつつ、手のひらにすっぽり収まる大きさなので、リビングの引き出しなどにしまっておけるのも嬉しいポイントです

1セット1980円。公式ウェブストアまたは電話で注文できます。

人気商品につき2月下旬~3月下旬に到着予定とのことですが、新生活がスタートし新しい家具を組み立てるときなどにも大活躍してくれそうですね。

詳細は公式サイトへ。