ファビアンルイス 写真提供:Gettyimages

 レアル・マドリードナポリスペイン代表MFファビアンルイスへの関心を高めているという。2日、スペインラジオ局『カデナ・セール』が伝えている。

 2018年の夏にレアル・ベティスからナポリに加入したファビアン。抜群のポジショニングセンスを武器に、カルロアンチロッティ監督の下で在感を放っている。そんな同選手の獲得にはバルセロナマンチェスター・シティなどのクラブが関心を示しているが、ここに来てマドリードが関心を高めているという。

 米メディア『ESPN』によれば、10月にファビアンと会っていたとも報じられており、シティよりもスペインへの移籍を望んでいるとも伝えられている。

 また、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は「1億8000万ユーロ(約217億円)以上のオファーなら交渉を始める」と語り、売却には応じない姿勢を見せているが、今回の報道によると7000万ユーロ(約85億円)以上のオファーがあればナポリが売却に応じる可能性もあると伝えている。

 果たして、マドリードはファビアンの獲得に成功するのだろうか。