no title

 冬のさなか、雪が積もった日のカナダでのドライブスルーでの出来事だ。ファストフードドライブスルーには順番を待つ車が多く並んでいた。

 すると、車の助手席に乗っていた男性が前に並んでいた車に向かって駆け寄っていった。この後起こりうる事態をさあ、みんなで考えよう。

 考えがまとまったら動画をオンだ。

―あわせて読みたい―

これなら雪かきが楽しくなるぞ!ホバーボートに乗ってらんらん除雪
雪道あるある。車道から落ちた車をけん引したところ、反対側に落ちてしまうというケース
汚物じゃないけど消毒だ~っ!?火炎放射で雪を解かす猛者が現る(アメリカ)
なんて日だ!陸橋をくぐろうとした瞬間、上を走行中の除雪車に雪をかけられ窓ガラスが粉砕(アメリカ)
これはすごい!雪を柱状に区切りながら冷蔵庫を移動するように屋根の雪を取り除く方法


Canadian Winter Road Rage

 とても寒く雪深い日のカナダでの出来事だ。こういう日は食事を簡単に済まそうと、ファストフードドライブスルーには車の列ができていた。

 ある車の後ろについていた車は前の車の何かがとても気になっていたようだ。
 何かとはそう、車に積もった大量の雪である。

1

 後続車の助手席に座っていた男性は車を降り、前の車へと近づいて行った。そして何をするかと思えば、スノーブラシのようなもので前の車の雪を取り除いていったのである。

 雪で視界の悪くなっていた部分を手早く取り除いていく。

3

 そして後続の自分の車へと戻っていった。

5

 何かよからぬことが勃発するのかと思ったら純粋な善意だったでござる

 確かにリアガラスが雪で真っ白じゃ視界も悪く運転に支障をきたすであろう。ドライバーはあまりそういうことを気にしないタイプだったのだろうが、後続車の方は気になってしかたがなかったのだろう。

 ただ単に言葉でそれを告げることもできただろうが、男性は言葉よりも行動でそれを示したようだ。

 カナダでは何気ない日常の中にさりげない思いやりが広がっていたようだ。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285162.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

死亡保険金の支払いを渋る保険会社に、親族ら遺体を持ち込み死亡を証明(南アフリカ)
大規模年末セール「ブラックフライデー」に向き合うカナダ人の姿がアメリカ人と違いすぎると話題に
そうだ、男ならロシアへ行こう。女性の数が男性よりも圧倒的に多いロシア、その理由とは?
一方南アフリカでは...強盗がお金を奪い取っている最中、そのお金をこっそり盗み取る人物が現れる
貧しい地域の人々が抱える借金を完済し、現金入りの封筒を置くトルコのロビン・フッド。それが誰なのかは誰も知らない。

―動画の紹介記事―

大きくたって甘えん坊。巨大なウルフドッグに会いに行った女性の幸せっぷり
死亡保険金の支払いを渋る保険会社に、親族ら遺体を持ち込み死亡を証明(南アフリカ)
今年もマラミュートの季節がやってきました!空港のオートスロープを歩く可愛いモフころベイビーズ
ロシア式サンキューハザード、車線変更をしたい車を前に入れてあげたら、こんなサプライズが待っていた
やさしい世界。子供たちと一緒にスクールバスを待ち、乗り込んだことを確認すると家に戻ってくるのが日課の犬
一方カナダでは、ドライブスルーに並んでいた車に駆け寄る1人の男性が。この後何かが起きる!