グランディングは12月3日(火)、同社が開発中PlayStation VRソフトSPACE CHANNEL 5 VR あらかた★ダンシングショー(以下、『スペースチャンネル5 VR』)の発売日を2019年末から2020年春に延期すると発表した。

 SPACE CHANNEL 5』シリーズ1999年12月に発売されたDreamcastPlayStation 2ソフトを第1作とする。ミュージカルアクションゲーム。視聴率低迷にあえいでいた未来の放送局「スペースチャンネル5」は、突如地球に襲来してきた「モロ星人」によって、地球人が踊らされているという怪事件を生中継することになる。

新人リポーター「うらら」がモロ星人の動きを真似ることで踊らされている人を助け、視聴率も上がっていくという独特の世界設定や、音楽ゲームとしての本質的な面白さから根強いファンも多い。また、2002年2月に発売された続編SPACE CHANNEL 5 Part 2』では、世界的スーパースターマイケル・ジャクソンも「スペースマイケル」として登場。キャストボイスも本人が演じたことで話題性の強い作品となっている。

(画像はグランディング公式YouTubeチャンネルより)

 最新作『スペースチャンネル5 VR』は20周年というタイミングや、第1作の制作に関わったスタッフが再集結している点、VR向けの完全新作である点などの要素が重なり、9月に行われた「東京ゲームショウ2019」でも大きな注目を集めていた。

(画像は『スペースチャンネル5 VR』公式サイトより)

 残念ながら『スペースチャンネル5 VR』は延期されてしまうが、それとは別に、リポーターの「うらら」が12月16日(月)よりVtuber活動の開始を宣言しており、ゲームメディア「インサイド」公式Vtuberの「インサイドちゃんMark2」をはじめとしたゲストと共演する予定だ。これからの中継配信と続報を楽しみに待とう。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。