Google12月3日(火)、Google Playで今年人気を集めた作品を表彰するGoogle Play ベスト オブ 2019」発表した。部門ごとの大賞作品およびベストゲームについては別途、12月6日(金)に発表される予定だ。

(画像はGoogle Playストアより)

 「ベスト オブ 2019」の選考についてGoogleは、「多くの世代に愛される人気ゲームIPとキャラクターモバイルならではのゲーム性で登場した一年で、高精細なグラフィックリアルタイム対人戦など、意欲的な挑戦をしたゲームが多く見られました。」と総括した。

 Androidユーザーの投票によって決まる「ユーザー投票部門」には、Activisionの人気FPSシリーズアプリ化したCall of Duty: Mobileや、ドラゴンクエストウォーク、簡単なドリフト操作で白熱したレースを楽しめるマリオカート ツアーなどの有名IP作品が名を連ねた。

(画像はGoogle Playストアより)
(画像はGoogle Playストアより)

 ユーザー投票部門を含む、各部門ごとのベストゲームアプリは以下のとおり。


ユーザー投票部門 優秀賞

Call of Duty: Mobile
ドラゴンクエストウォーク
マリオカート ツアー
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS
ロマンシング サガ リ・ユニバース

インディー部門賞

アーチャー伝説
Infection – 感染 –
ALTER EGO
・くまのレストラン
・Puzzrama ( パズラマ )

キュート&カジュアル部門賞

けものフレンズ3
東方キャノンボール
ドクターマリオ ワールド
トロとパズル ~どこでもいっしょ~
ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

クリエイティブ部門賞

ゼノンザード ( ZENONZARD )
・TEPPEN
七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ
・ブロスタ
マリオカート ツアー

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。