JR6社や日本民営鉄道協会加盟会社などの鉄道事業者は、2019年12月9日~20年2月8日、「暴力行為防止ポスター『よっぱらったら、何してもいいの?』」を各社の駅構内や列車内に掲出する。

【画像】新たに掲出するポスター

 ポスターの掲出期間は、飲酒の機会が増える年末年始に重なる。駅係員や乗務員などへの暴力行為や、お客同士のトラブルによる暴力行為に対し、各鉄道事業者が連携して防止を呼び掛ける。

 ポスターでは、純粋な子どもの視点から「よっぱらったら、何してもいいの?」という疑問形のキャッチコピーを大きく打ち出す。また、被害を受けた鉄道係員のイラストを描き、暴力行為が人を傷つけるという当たり前のことを再認識してもらえるような構成にしたという。

 18年度、JR6社や日本民営鉄道協会加盟会社などを含む全国35社局では、630件の暴力行為が発生した。暴力行為の加害者の約53%が酒気を帯びていた。加害者の年齢に偏りはなく、幅広い年代に分布している。

 今回のプロジェクトに参加する鉄道事業者は全国89社局。駅構内にポスターを約7100枚、列車内に約6万8000枚掲出する。

飲酒時の暴力が特に多い