最近、「楽天カード」や「楽天ペイ」に障害を起こしたり、楽天モバイルで誤請求メールを送ったりとトラブル続きの楽天だが、今度は楽天モバイルのMNO料金プランが流出しているのではないかと、Twitterユーザーから指摘の声が上がっている。

【その他の画像】

 “疑惑のページ”に初めに気付いたのは、「楽天モバイル 無料サポータープログラム レポートアカウント」(@RakutenMobileSp)さん(※ユーザーアカウントであって楽天とは無関係)。12月3日午後4時ごろに、「楽天モバイルMNOの正式サービス料金がGoogleキャッシュに漏れている」とツイートした。楽天モバイルMNO固有の名詞をダブルクオーテーションで括って検索したところ、料金プランと思われるページにたどり着いたという。

 例えば、“かけた分だけ払い”でGoogle検索すると、7件ヒットしたページの1件目に「楽天モバイルプラン」というページが表示される。そのままリンククリックしても404 Not Foundとなりページは表示されないが、キャッシュを選んでクリックすると、それらしきページが表示される。

 注意したいのは、キャッシュ元のURLが「http://34.85.90.173/plan/」となっており、正規ページURLとは異なるということ。IPアドレスを逆引きすると「Google Compute Engine」上に構築されたサイトだと分かるものの、所有者までは特定できなかった。ITmedia NEWSの取材に対し、楽天モバイルは「同サイト楽天モバイルのものであるかは明日回答する」と答えた。

 その上でプランページを見ていこう。通話付きのプランは、「スタンダードプラン 5GB 300円」「スペシャルプラン 20GB 700円」「プレミアムプラン 50GB 900円」などの価格表記が見える。データ通信のみのプランはそれぞれ200円の値引きで提供するようだ。これらの価格が本当であれば、他3キャリアに比べて相当に安いプランだといえる。

 月間容量を使い切った場合は最大1Mbpsで無制限に通信できるとしており、これは楽天モバイルMVNOプランスーパーホーダイ」と同じだ。通信容量の追加は「100MB 300円~」としており、料金プランに比べると割高な印象だ。

 通話オプションには、月額1000円の「かけ放題」、月額500円の「10分かけ放題」、従量式の「かけた分だけ払い」(20円/30秒)が並ぶ。

 ページを下部まで見ていくと、「関連ページ 店舗 ページ説明が一行で簡潔に入ります」など、いかにも制作中であることを思わせる記述も見られる。

 料金プランページの他にも、楽天モバイル未発売スマートフォンRakuten Mini」が2日から公式サイト上で買える状態になっていた。表示されていた価格は一括払いで1万9819円。

 これに気付いたTwitterユーザーの「れふれちゃん先生@3日目南ノ01b」(@LesFle)さんは、「Rakuten Miniカートに入れたが、購入を迷う間に楽天モバイルから『Rakuten Miniの販売はミスなので、カートから消させてほしい』と電話で連絡を受けた」とITmedia NEWSの取材に答えた。この後、楽天モバイルは緊急メンテナンスを行ったため、現在Rakuten Miniは製品一覧に表示されていない。

楽天モバイルのMNOプランと思わしきページのGoogleキャッシュ