NTTコミュニケーションズと日建設計は12月3日、商業施設などに設置した4Kカメラで計算された背景で自分撮りできるリモート撮影サービスAIR FINDER」を発表した。5日から「東急プラザ渋谷」の18階屋上広場で利用できる。

【その他の画像】

 NTTコミュニケーションズが2018年から提供しているカメラシェアリングサービスPaN」をベースに日建設計が背景デザインなどで協力した。PaNは、商業施設やイベント会場などに据え付けたカメラを用い、自分では撮れないアングルからの自撮りができるサービスだ。

 AIR FINDERでは、4Kカメラを商業施設などに設置する際、日建設計が「見せ場」を細部にわたってデザインする。12月5日オープンする「東急プラザ渋谷」の屋上撮影スポットでは、渋谷のスクランブル交差点から新宿の高層ビル群までがすべて収まる広い画角になるという。

 利用者はQRコードを使ってスマートフォンで専用サイトアクセスブラウザリモートカメラを操作して自撮りする。写真は、その場でスマートフォンダウンロードできる。

 またAIR FINDERは施設内のバスターミナルで映像を投映しているシステムリンクし、撮影者の許可が得られた場合はバスを待つ人々の前に撮影した写真が投影される仕組み。NTTコミュニケーションズでは、「リアルデジタルを結びつけるマーケティングツールとして活用できる」として、商業施設などに売り込む考え。

AIR FINDERで撮影した写真のイメージ