9月24日東京都港区のDMM本社で、一般社団法人予防医療普及協会「予防医療オンラインサロンYOBO-LABO」の会員限定トークイベントが、子宮頸がんの予防と検診をテーマに開催された。

【その他の画像】

 協会の理事を務めるホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家の株式会社ウツワ代表取締役社長、ハヤカワ五味氏が対談。記事の前編では子宮頸がん検診で中度異形成の診断を受けたハヤカワ氏と、昔付き合っていた彼女が子宮頸がんと診断されたという堀江氏が、予防と検査の必要性を考えた。

 堀江氏はインターネットが普及し始めた黎明(れいめい)期に、いち早くWebサイト制作・管理運営をする会社を興して注目を集め、その後も宇宙事業や予防医療の普及など世間がまだ注目していない領域にビジネスの可能性を見いだしてきた。

 一方のハヤカワ氏は18歳のときに「課題解決型アパレルブランド」を運営する株式会社ウツワを立ち上げ、女子大生経営者として注目されてきた。大学入学後に「胸が小さい人向けのかわいいブラがない」という問題意識から潜在的な需要を察知し、小さい胸を「シンデレラバスト」と呼ぶ、華奢(きゃしゃ)な女性向けランジェリーブランド「feast」をヒットさせたのだ。またハヤカワ氏は現在、日本の性教育の現状に課題を感じていて、生理日のトラッキングと生理用品の購入までを一元的にできるサービスilluminateLINE上のアプリとして展開している。

 見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。

ピロリ菌キャンペーンがうまくいった理由

堀江: 僕が予防医療普及協会で最初に取り組んだのは、ピロリ菌キャンペーンでした。これはわりと成功して、マスコミにも取り上げられました。やり始めて分かりましたが、日本にはピロリ菌の検査をやらなければならない理由があるんですね。東アジアの人たちが持っているピロリ菌は、欧米の人たちのピロリ菌の7倍から8倍くらい悪性度が高いんですよ。

ハヤカワ: まあまあ面倒くさそうですね。リスクが高いということですか。

堀江: はい。すごくがん化しやすいんですよ。朝鮮半島日本列島、あと中国東北部やモンゴルにいる人たちが、悪性度が高い変異種のヘリコクターピロリ菌に持続的に感染しています。

ハヤカワ: それはもう遺伝子的にという感じですか。

堀江: 母子感染しやすいからです。口移しでごはんを食べさせるとか、おじいちゃんやおばあちゃんの唇とかについているピロリ菌をチュッと吸ってしまうと、乳幼児は免疫力が弱いのでピロリ菌に感染します。だから家族性なんですよ。昔はよく、青森県秋田県に胃がんの患者が多いと言われていました。実際、統計的にも多いです。

ハヤカワ: それは食生活が原因ですか。

堀江: 塩辛い食事をしているからだと思いますか。

ハヤカワ: はい。

堀江: でも胃がんになる確率が一番低いのは沖縄県なんですよ。沖縄県も塩辛い食事をしていますよね。ポーク卵とか。

ハヤカワ: 確かにそんなに変わらない気がしますね。

堀江: だから食生活が理由というのはうそくさいなと思っていました。本当の原因はピロリ菌の種類によるものです。東南アジアピロリ菌は、そんなに悪性度は高くないです。

ハヤカワ: ああ、なるほど

堀江: 沖縄はハイブリッドなんですよ。東南アジアとかポリネシアの人たちのピロリ菌は、悪性度が高くなくて胃がんの罹患率が低いことが分かっています。国際的なヘリコクター学会では半分冗談めいて、「日本人お母さんアメリカにやってきて子どもにうつすから、日本ではやく撲滅してくれよ」と言われています。

ハヤカワ: ピロリ菌は実際検査している人も多くて、予防が広がっていますよね。それに対して、子宮頸がんはまだ難しいなと思っています。ここまでピロリ菌の検査が広まった理由は、反対派がいなかったからとか、もしくはそれ以外の要因があったのでしょうか。

堀江: 抗生物質を使って除菌をすることについての反対はあります。除菌は中学生のときにするのがベターなんですよね。なぜかというとピロリ菌は幼少期に持続感染が成立すると言われていて、この時期に除菌できればピロリ菌ダメージが少なくてすむ。20代や30代の若年者の胃がんを予防するには中学生くらいで除菌するしかない。小学生のときまでは免疫力が弱くて、再感染の可能性があるからです。

ハヤカワ: 胃がん予防には中学生が最も早く除菌ができる時期で、かつ、再感染も少ないということですね。

堀江: ピロリ菌に継続感染していると、胃の粘膜が萎縮して、いつがんになってもおかしくない腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)という状態になります。そこに高塩分食とか、お酒やたばこなど負荷的な要因が重なるとがん化してしまいます。

ハヤカワ: そうなると、少なくとも社会人になる前にやった方がいいですね。

堀江: そうですね。中学生くらいまでにやっておくと、その後も胃がんになりにくい状態が続きます。腸上皮化生だと、年に1度胃カメラを飲んでくださいと言われます。

ハヤカワ: それは結構しんどいですね。

●AI診断で胃がんを発見

堀江: いま、AI診断みたいなものが少しずつ普及しています。胃カメラのAI診断の会社を取材したことがあって。

ハヤカワ: 胃カメラのAI診断は全然知らないですね。

堀江: 胃カメラで「これはピロリ菌に感染している胃です」とか、「これは早期の胃がんです」といったサンプルを見せられても、素人は全然分かりません。だから熟練した内視鏡医でないと見つからない。たぶん1割くらいは見逃していると思います。

ハヤカワ: 見落としも多いのですね。

堀江: それが、AIは90数%の確率で「この辺が胃がんかも」と知らせてくれるんですよ。

ハヤカワ: すごいですね。

堀江: まだ普及はしていないですよ。でも最先端では、それぐらいのことまではできます。ピロリ菌に感染していても、大人になって除菌しても、胃がんになるリスクはかなり下げられるようになりました。だから僕は予防するには恐怖を煽った方がいいと思いますけどね。

ハヤカワ: 私の周りで子宮頸がんと診断されて円すい切除(子宮頸部の組織を円すい状に切る手術)している人の数を見ていると、恐怖を感じてもいいレベルだと思います。がん化していない、もしくはがん化していても切除したくらいだと、カミングアウトする人は少ないです。だから潜在的にがんになったり、なりかけていることに気付いていない人は多そうですね。

堀江: カミングアウトしないですよね。デリケートな問題だからカミングアウトしづらい。子宮頸がんサバイバーの人は表に出てくれないです。なかなか難しいですね。

ハヤカワ: だからこそ、やっぱり危機感が薄いのかなと思いますね。

堀江: おそらくリテラシーの問題で、いくら説明しても分からない人はずっと分からないので、「これは予防接種なので受けてください」と言わないとだめだと思いますね。

●男性もHPV由来のがんになる

堀江: この活動を通じてHPVに対する知見を深めていって、僕もHPVの9価ワクチン(日本では未承認)というのを打ちました。それで思ったのは、まだまだ研究途上にある話だけども、実は男性もHPV由来のがんになっています。

ハヤカワ: 男性もHPVを持っている可能性があるということですか。

堀江: 男性を検査したデータはそろっていませんが、女性では50歳までに8割の女性が1度は感染すると言われています。

ハヤカワ: それががん化するのは知らなかったです。

堀江: 男性の場合は陰部が露出しているので、がんになりにくいんですよ。陰茎がんはマイナーながんですので。HPV由来の陰茎がんもありますが、なかなかなりづらいです。

ハヤカワ: 顕在化しづらいのですか。

堀江: 毎日きれいに洗っているから。女性の場合は洗いにくいじゃないですか。子宮頸部まで洗うのはなかなか難しい。女性の場合は(性器の内部が)外に露出しているし、異物が入ってくるので感染しやすいことに加えて、ウイルスが排除されにくい環境にあります。

 男女共通でかかる可能性があるとしたら、中咽頭がん(喉のがん)ですね。中咽頭がんはHPV由来である可能性が非常に高いと言われています。

ハヤカワ: オーラセックスでうつるということですか。

堀江: オーラセックスでうつる可能性が高くて、少なくない数の人たちが亡くなっているそうです。

ハヤカワ: 知らなかった。

堀江: 中咽頭がんの6割程度がHPV由来というデータもあります。これは予防医療普及協会のドクターから聞いた話ですが、50症例以上の口腔内洗浄廃液(うがい液)を回収して、次世代シークエンサー解析を行うと、ヒトゲノムだけでなく、HPVゲノムも解析できるのですが、なんと外来受診患者の20%程がHPV陽性だったと言ってました。

ハヤカワ: すごいですね。

堀江: つまり、男性もかなりHPVを飼っている。

ハヤカワ: 飼っているし、さらにそれを誰かにうつす可能性もありますね。

堀江: 悪性度の低い手足にできるイボや、性感染症の陰茎にできる尖圭コンジローマというイボとかも、HPVだったりします。がん化しないHPVもいっぱいあって、みんな持っているんですよ。

ハヤカワ: 知らないだけですね。

堀江: だから僕は男性もワクチンを打った方がいいと思っています。ワクチンに感染するシチェーションが減っていけば減っていくほど、ワクチンを打たなくても予防効果がでてきます。これを集団予防効果と言います。男性が打っても非常に効果があると思いますよ。男性の咽頭がんも予防できるし、マイナーな陰茎がんなどももちろん予防できて、女性に感染はさせない。自分が感染源にならない。

ハヤカワ: 感染しない、感染させない。感染源にならない。

堀江: 思春期に男性も定期接種を始めた国が、何カ国かあります。日本は男性に接種するなんて議論は1ミリもないので、周回遅れどころの話ではありません。

ハヤカワ: その前の前の段階ですね。

●映像教材で啓発する

堀江: 僕は子宮頸がんの予防のために、映画を作るのもいいのかなと思っていました。

ハヤカワ: どんな映画ですか。

堀江: アメリカの元副大統領アル・ゴアが主演した『不都合な真実』みたいな。あの映画のおかげで世界中の人たちが地球温暖化問題は大変だなと思ったんですよね。だから映画や映像作品には、そういう力があるのかなと感じています。

ハヤカワ: 日本国内のNetflixは分からないですけど、イギリスNetflixとかは課題提起とか問題提起をしている印象がありますね。そういったメディアで「日本のヤバイワクチン接種率」みたいなテーマで取り上げられると、だいぶ印象が変わる気がします。

堀江: 協会も別のテーマ映画を作ろうとしていますし、本も継続的に出していきますよ。

ハヤカワ: 子宮頸がんの問題に加えて、日本の性教育もかなり浅いじゃないですか。そこを変えていきたいと個人的に思っています。今の保健の授業では「オーラセックスで感染しないように」なんて言えませんから。

堀江: だから、そのテーマで映像教材を作ればいい。リクルートに行って、スタディサプリのチームに作ってもらうといいと思いますよ。スタディサプリはいまシェアを伸ばそうと思って一生懸命頑張っていますから。

ハヤカワ: そうなんですね。リクルート行ってきます(笑)

堀江: なぜスタディサプリで映像教材を作るのがいいと思ったかというと、学校の先生が恥ずかしがって教えないからです。もっと言うと前提知識も浅くて、知らなかったりする。だから「今日は性教育ビデオを流すから、これを見ておいて」という方がいいと思います。

ハヤカワ: 産婦人科の医師や、助産師の方も性教育YouTubeを公開していますね。「保健の授業で見てよく分からなかったから病院にきました」とか、「親が見せてくれた」と話す子が多いそうです。性教育でも明るく話している人から聞くのは、恥ずかしくないですからね。

堀江: スタディサプリみたいに、分かりやすく面白く教えないと。僕のコンサル先に自動車学校があります。南福岡自動車学校というところで、コンサルで最初に何をやってもらったかというと、教習所の動画を作り替えました。

 学科教習で見る動画はものすごくつまらないじゃないですか。みんな寝ていますよね。先生が何十分かしゃべらなければならないと法律で決まっているそうですが、20分くらいは動画を流せます。その動画を全部変えさせました。

 元TBSディレクターシナリオを作るのがうまい人をキャスティングして、CGはアニメーションがうまい会社をアサインして作りました。そうしたら全国100カ所以上の自動車学校に採用されて、すごく評判もいいですね。

ハヤカワ: いいですね。それこそ最近、国内線でも国際線でも飛行機の搭乗のときに流れる動画は非常にレベルが上がっていますよね。

堀江: あれはたぶん、最初にやったのはヴァージンかな。

ハヤカワ: おしゃれで見ていたくなるような作りになっていて、映像の力はあるなと思いますね。

堀江: 力はあるね。ANAの動画は変わったよね。

ハヤカワ: ANAの動画はかっこいいですよ。ベルトの締め方とか。

堀江: JALの動画はいまだにカッコよくないですね。最近新しくなったと思うんだけど、ちょっと古いみたいな。

ハヤカワ: 新しくなったはずなのに(笑)。他が進んでいるのかな。

堀江:  進みすぎるといっても、ただ外注しているだけだからね。何でそうなるのかは分かっています。Webの制作会社をしていたときに、航空会社の仕事も受注したことがあります。コンペになると何か知らないけどANAグループ会社みたいなところがコンペに応募してきて、センスが良くないんですよ。

ハヤカワ: それが通っちゃう。

堀江: こんなケースもあります。20年くらい前、ANAWebは僕が最初に作りました。そのとき、僕の会社のプレゼンが良すぎて、子会社のプレゼンはあまり良くなかったんですね。でも、「発注はその子会社経由でお願いします」と言われました。そのときは内容がよくなったので別にいいですけど、そういうことが行われているということですね。

 動画はすごくいいですよね。子宮頸がんとか、生理とか、そういう性的なことに関する授業をやるシリーズを作ったら、多くの学校で流してくれる気がします。クラウドファンディングもいけると思う。

ハヤカワ: 友達がそういう動画を作っているんですけど、ぜひ大々的にやりたいと話しています。

堀江: シリーズにして10本分とかにして、それで保健体育の授業が全部できる。安心だし、先生も手間がかからなくていいじゃないですか。

ハヤカワ: 内容が抜け落ちることもないですね。

堀江: 確認テストみたいなものも用意して、完パケにして教育関係者は無償で使えるようにする。その代わり、性教育に問題意識を持っている人たちへ支援を呼びかけるのはどうですか。

ハヤカワ: それはいいですね。

堀江: やっていただきたいですね。そこにHPVの話も入れるといいのかなと思います。

ハヤカワ: 基礎知識がないと分からないから、「50歳過ぎてから検査すればいいか」みたいな考え方の子が同世代だと多い印象があります。

堀江: 50歳を過ぎてから子宮頸がんが確定したら大変なことになりますよね。

ハヤカワ: がんと一口にいってもそれぞれ全く違うわけじゃないですか。いつ頃発症しやすいとか。そういったことの前提知識は、ある程度人生の勉強として必要だと本当に思います。

●婦人科の研究の歴史は浅い

堀江: 企業でこういう活動にスポンサーするところはないですかね。

ハヤカワ: 個人的には、生理用品業界は少なくともやってほしいです。

堀江: 僕も生理用品を使った検査ビジネスを以前考えたことがありました。ピロリ菌の検査に使えないか検討しましたが、生理用品についている血だと難しくてだめだと言われました。

ハヤカワ: 量が少ないという問題はありそうですね。国外だと使用済みのタンポンを郵送することによって実施できる検査があるらしいです。

 生理用品もいろいろ種類があります。使い捨てとは別に、液体の状態でキャッチするタイプがあって、それを普及させたいなと思っています。そのタイプなら検体が取れそうですね。

堀江: それを郵送できるかどうか。

ハヤカワ: ピロリ菌検査や大腸がん検診などで便を送ることもあるから、いいんじゃないですかね。私、便を郵便で送ったことがあります(笑)

堀江: 便が郵送できるなら血も郵送できないとおかしい。やってくださいよ。医者の世界は保守的だから。

ハヤカワ: 婦人科に関して言えば、歴史がそれほどあるわけではありません。生理についての論文が出始めたのはおおよそ1900年代の半ばからです。

堀江: そうなの。

ハヤカワ: 日本における生理用品の普及はカラーテレビよりも後なので本当に最近のことだし、婦人科の研究自体も、国際的にそこまで歴史は深くないです。

堀江: ピルの進化はいますごいですよね。生理を抑えるためのピルと、埋め込み式のピル(日本で未承認)もありますよね。3年間生理がこない状態を保てるというのは、生理が重い人たちにとってはソリューションです。でも、これも意外と知られていないですよね。アフターピルを知らない人も多いです。僕ら男性はほとんど知らないですね。

ハヤカワ:  生理を減らすためや、生理痛を抑えるためにピルをもらいにいっても、婦人科の医師に「避妊したくないのでしょう」と言われることが未だにあるそうです。それこそ低用量ピルと中用量ピルとの違いを知らない保健の先生も多いと思います。

●診療科の連携が必要

堀江: 女性だったら婦人科に行けば処方してくれると思いますが、男性がHPVワクチンを接種しようと思ったときに、迷いますよね。僕は知り合いのクリニックで打ってもらいました。こういう先進的な取り組みをしているクリニックの先生もいれば、リテラシーが低い先生もいますよね。

 全般的な話をすると、日本の場合は町の診療所の医師はリテラシーの低い人がいます。学会にもあまり足を運んでいなくて、未だに風邪の患者に抗生物質を処方しているようなところもあります。

ハヤカワ: 新しい薬の本を持っていなかったりしますね。

堀江:  でも、予防医療普及協会はいろいろな診療科の先生がいて面白いですよ。そこに産婦人科医の三輪綾子先生もいますけど、消化器内科の先生とかいろいろな先生がいて、みんな言うことが違いますね。「おたくの診療科はそんな感じなの」みたいな話もしています。

ハヤカワ: 私は最近、歯医者を探していましたが、歯医者は人によって本当にスタンスが違うので、誰が正しいのか分からないですね。

堀江: あと、医科と歯科は連携が全然取れていません。

ハヤカワ: それは本当にそうですよね。

堀江: 連携しているのは東京医科歯科大学くらいしかなくて。医科の方にも口腔外科があって、領域がかぶる部分があります。それなのにいがみ合っていたりしていますよね。

ハヤカワ: 面倒くさいですね。こっちからしたら関係ないですからね。

堀江: 本当に関係ない(笑)歯周病菌が全身に与える影響の研究が進んだのも、最近だと思いますよ。歯茎の毛細血管のところから感染して、心筋梗塞脳梗塞動脈硬化などの原因になっているのではないか、といった研究がようやく最近増えてきています。

ハヤカワ: 結局、体は一つにつながっているわけですよね。でも誰にトータルで相談していいのか分からない。

堀江: 予防医療普及協会を作ったのはそのためでもあります。いろいろな診療科の先生たちが集まる場所ができて、ディスカッションがなされているから、それはいいことだなと思います。

ハヤカワ: そういう場が全国的に増えていけばいいなと思います。

●一人ひとりが働きかけることで実を結ぶ

堀江: 今日のテーマでこれだけたくさんの人が話を聞きにきてくれているので、いい方向には絶対向かっているなとは思います。ただ、大事なのは行動することです。ここにいる一人ひとりの力が、どこにヒットするのか分からないので。ALS筋萎縮性側索硬化症)患者の支援のために行われた「アイスバケツチャレンジ」のようなことをやってもいいのかもしれないですよね。

 あのキャンペーンによってALSは多くの人に知られたと思います。だからHPVについても、何かいいキャンペーンがあるかもしれない。

ハヤカワ: 私自身もTwitterをやっていて、いわゆるインフルエンサーと呼ばれることもありますけど、少しずつ発信していくことは心掛けています。

堀江: 一人ひとりが働きかけることが、SNS時代は大事です。政治家ツイートにリプを飛ばしている人はせいぜい何十人なので、それほど多くはないです。ということは、何十人のうちの1人になれれば、意見は聞いてもらえますよね。僕もクソリプだと思いながら、自分がディスられると「こんな意見の奴いるんだ」といちいちムカつきます。

ハヤカワ: (笑)政治家もあまり陳情に来る人がいないから、行けばわりと話を聞いてもらえるみたいですね。

堀江: 特に自分が居住している選挙区の国会議員のところに行くと、聞いてくれますよ。もっと身近な区議会議員や市議会議員も、国会議員とつながっています。彼らもネタを探していますよ。

ハヤカワ: 自分が輝く場所を探しているのですね。議員に働きかけるチャレンジもしていきたいです。

堀江: そういう地道な活動が花開くんじゃないかな。たまたまアプローチをした国会議員の先生が応援してくれたとして、その人が厚生労働大臣になったら一気に動きますよね。僕も、たまたま宇宙開発で頑張ってロビー活動をしていたら、平将明先生がよく話を聞いてくれました。大田区が地盤で、9月の内閣改造で宇宙担当の内閣府副大臣になりましたよ。

ハヤカワ: すごい。そんなことがあるのですね。

堀江: もともと知っている方で、最初は宇宙のことをそんなに知らなかったけど、働きかけていたら北海道の工場にもわざわざ視察に来てくれました。「すごいね、これは推進しないといけない」と言ってくれて。彼がやろうとしていることにも合致しているので、菅義偉官房長官にお願いをして、宇宙担当に入れてもらったそうです。それで副大臣ですから、実質的には平さんがトップみたいなものなので、よかったなと思っています。

 僕らが考えている宇宙開発を日本で広める活動は、これで加速すると思います。いろいろなところに話をして、たまたま平さんに響いたからで、やはり行動すると身を結びますね。

ハヤカワ: それが子宮頸がんをはじめとする予防医療にも波及して、いつか実る日が来てほしいなと思います。

堀江: 子宮頸がんは、思春期の女性に対して定期接種の積極的勧奨を再開することが、まず一里塚です。これが大前提で、他にもいろいろやらないといけないことがあります。

 例えば、日本ではまだ承認されていない9価ワクチンを認めること。HPVの悪性度の高いものから9種類のワクチンが混合された9価ワクチンが、まだ日本では承認されていません。おそらくHPVワクチンの副反応問題が社会問題化したことで、厚生労働省がペンディングしているのは間違いないでしょう。

 他にも男子にも打つとか、もっと年齢を広げて無償でワクチンを打てるようにするなど、いろいろ実現すべきことはありますが、まずは定期接種の積極的勧奨を再開することですね。これには絶対に政治家の覚悟が必要です。諸外国はみんな政治家が覚悟を持って接種を再開しています。

ハヤカワ:  まずは自分の周りからですね。私も頑張ります。そんな一歩から広がっていったらいいなと思っています。

堀江: 最後に言っておきたいことはありますか。

ハヤカワ: 最近は生理用品の周辺や、そこから広がって性教育についてさまざまなインプットをしています。でも、どうしても大手企業が市場を占有していたりとか、法律の制約などがあって、やはり政治家に働きかけたり、ロビイングしないといけないなあと感じていました。私は生理用品業界を変えていけるように頑張っていきます。ぜひ皆さんの中からも、政治にアプローチしてくれる人が増えたらいいなと思っています。

堀江: 一緒にアプローチさせてください。ありがとうございました。(終わり)

(田中圭太郎)

予防医療の普及に可能性を見いだしている堀江貴文氏とハヤカワ五味氏