【元記事を音楽ナタリーで読む】

秦基博の新曲「在る」が4月3日に公開される映画「ステップ」の主題歌に決定した。

【大きな画像をもっと見る】

飯塚健が監督を務める映画「ステップ」は、重松清の同名小説を原作とする作品。妻に先立たれたシングルファーザーの主人公・健一を山田孝之が演じる。主題歌に決定した「在る」は12月11日リリースされるニューアルバムコペルニクス」の収録曲で、本日12月4日より各種音楽配信サイトで先行配信されている。

秦基博 コメント

誰か“が”いたこと。誰か“と”いたこと。
その人が、自分が、存在するということ。
その意味を考えながら作った曲です。
映画と共に、この楽曲が皆さんに届けば幸いです。

飯塚健 コメント

映画を観終えて、初めて聴く歌声。秦さん以外には考えられませんでした。頂いたデモは、映画のカットを一つ一つ、隅々まですくい取って書かれたものでした。無理に進まなくてもいいんだ。ゆっくりでいいんだ。止まってしまった時間を肯定してくれる、背中にそっと寄り添ってくれる歌でした。二時間の旅を締めくくるに相応しい歌を書いて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

秦基博