「パンから広がるコミュニケーション」を合言葉に、企業向けのパンのサブスクリプションサービスオフィス パンスク」を中心に展開しているベンチャー企業「パンフォーユー」。『がっちりマンデー』(TBS)、『おはよう日本』(NHK)などでも取り上げられるなど話題だ。

 その特徴は、独自の技術でパンを冷凍し、焼き立ての食感と香りを全部閉じ込めることに成功したこと。レンジで30秒ほど温めることで、いつでも焼き立て同等のクオリティのパンが食べられるとして、取引先に向かう前の営業マンやお昼過ぎにちょっと小腹がすいたデスクワーカーなど、オフィスでのさまざまな場面で活用されている。

矢野健太
パンフォーユー代表の矢野健太氏
 社長は大手広告代理店、電通の出身である矢野健太氏(31)。本社を地元の群馬県桐生市に置き、地方から「多くの魅力的なベーカリーの美味しいパンを多くの人に届けたい」と事業を展開している。

 なぜ安定している大手企業から先の見えない起業の道を選んだのか。そして物流も情報も東京中心の今、地方を舞台に事業を展開しているのか話を聞いた。

業界1位の電通に入社した理由

――新卒で入社されたのは大手広告代理店の電通でした。決め手は何だったのでしょうか?

矢野健太(以下、矢野):僕は就職活動をする際に3つの軸を定めていました。1つは自分のアイデアを形にすることができる企業であること、2つ目が業界No.1企業であること、そして3つ目が初任給がよいということでした。この3点に焦点を当てて活動し、内定をいただいた形になります。

――電通は広告代理店の中で「業界の1位」です。この点にこだわった理由を教えてください。

矢野:大学時代にアメフト部に所属していたのですが、先輩から「業界の1位と2位では仕事の差配が全然違う。絶対に業界の1位を狙え」と就職活動へのアドバイスをもらっていたんです。当時、僕も日本一を掲げるアメフト部にいたので、確かにマインセットがだいぶ違うという実感はありました。そのような経験もあり、業界1位の会社に絞って就職活動に励みました。

 そして入社の決め手は、日本の広告業界No.1の企業ですので自分のアイデアが世に出るときに間口がすごく広いと思ったんですね。それと、いろいろなクライアントさんやメディアさんとタッグを組んでいる印象があり、どの部署に配属されても楽しそうなイメージもあったからです。

3年で名古屋の交通広告を全部把握

パンスク
※画像は「オフィス・パンスク」公式サイトより
――そのような志を抱いて入社されたわけですが、どのような仕事を担当されてのでしょうか?

矢野:電通には本社、関西支社、中部支社とあるのですが、僕は第一志望の中部支社に希望通り配属されました。中部支社を選んだのは、幅広くいろいろな案件を取り扱えると考えたからです。

 その中で、僕は中部OOH(アウトオブホームメディア=屋外広告)という部署で、具体的には電車や駅の広告媒体を取り扱っていました。東京本社や関西支社のクライアントさんが名古屋の鉄道広告に出稿する際の窓口となり、名古屋に出稿する際は全て僕がさばいていましてね。

 もうひとつの大きな仕事は、中部支社のクライアントさんが全国向けに鉄道広告を使ったプロモーションをする際の設計や企画をしていました。ここで丸3年働く中で名古屋の交通広告を全部把握し、その周辺のOOH媒体という4マス(新聞、雑誌、ラジオテレビの4つのマスコミ媒体)とウェブ以外の媒体は、全て取り扱えるようにはなりましたね。

常に「1位として君臨し続けるか?」

――やはり業界1位の企業は違いましたか? 電通で働いたことで2位との差をどこに感じたのでしょうか?

矢野:1位はそのポジションを常に守らなければいけないので、「仕事に細心の注意を配り、プライドもすごく高い」ということが良くも悪くもありましたね。

 加えて、世の中にたくさんのプロモーション案件などがある中で、他の代理店さんだと仕切れないような案件が「電通ならなんとかしてくれるだろう」という期待から回ってくることがよくありました。そして、実際にその案件をしっかりやり切りますので、そういった意識や行動の違いだと思います。

 電通はやはり帝王学として、全社員が「どう1位として君臨し続けるか?」を常に考えています。業界の2位以下の方と話をしていると「俺たちはどうせ2位だから、3位だから…」という言葉が聞かれるのですが、一方で電通の社内では「俺らがやらなければ誰が仕切るんだ!」という意識が結構強いんです。もちろんプレッシャーも大きくて、押しつぶされそうになったりすることもありますが…。

――そんなやりがいのあった仕事を3年でやめた理由は? まだまだ大変だけど楽しい仕事があったような気がするのですが。

矢野:「やり切った」と感じたからです。本社などに比べて規模が小さい中部支社なので、その分、ひとりに与えられる裁量も大きくて、当時の本社でいうと6年目とか7年目でやる仕事をひとりで全部やっていました。全部やり切って自分が作った案件がしっかり形になっていたので、次の部署に行くかどうしようか迷っていたときに、次の部署でやれることも見えてしまっていたので転職しようと思ったのが5年前ですね。

 そしてこのやり切った期間に会社から多くのことを学ばせてもらったのですが、その中で今の仕事でも生きていることが大きく分けて2つあります。1つは交渉の仕方。こればかりやっていたので、対企業・対個人それぞれに対するコミュニケーションの取り方はとても勉強になりました。というのは、やっぱり会社を離れてから思うのは、電通には圧倒的にしたたかな方が多いということです。これが僕の財産になっているところはすごくあります。

一子相伝の電通流したたかな交渉術

電通
Densu Building CC BY 2.0 via flickr
――その、したたかな交渉術というのはマニュアルのようなものがあるのでしょうか?

矢野:僕の場合は直属の先輩から丁寧に教えていただきました。将棋の指し方のように、「君のこの言い方ですると、相手との2回目の往復でこう返される」などというふうに理論的に教わりました。

 また別の先輩からは、直接教わったわけではないのですが、外部の組織に入り込むのが上手な人で、その様子を背中で見て「こうやって話しかけると潜り込めるんだ」ということを身につけました。「いかに義理を立てながらうまく相手の懐に潜り込んでいくか」という意識はすごく勉強になりました。

――先ほど、もうひとつ学んだことがあるとおっしゃっていました。それは何でしょうか?

矢野:実行力です。いろんなアイデアがあると思うのですが、最後は形にしなければ意味がありません。僕自身も駅広告に携わる中で「駅でこんなことをやりたい」というアイデアはたくさんあっても、実際にそれを落とし込もうとすると駅や通行人の都合などで難しかったりするんです。しかし、それでも折衝してなんとか形にするところはさすがだと思いました。自分も「絶対無理だ」と思ったところから逆算してなんとか形にしていったのですが、その際の思考方法や手の打ち方を修得できたのはいい経験でしたね。

 その中で、また交渉の話にも戻るのですが、頭が良くても全然物事が進まないんだなということも結構感じて、正論でも全然話が進まないところをいかにニコニコしながらやっていくかというところもすごく勉強になりました。

大手から教育系のベンチャーに転身

――その後は教育系ベンチャーに進まれています。電通という大手企業からベンチャーに移られる勇気はスゴいです。

矢野:実はもともとそんなに長く勤めるつもりはなく、3~5年したら大学時代から興味のあったソーシャルや公共領域に移ろうとは思っていました。

 そんなとき、たまたまご縁で、岐阜県に有望な若者を多く輩出する「G-net」というNPOがあるのですが、このNPO出身の方が社長をしていた会社に転職しました。仕事内容は電通時代と全く異なり、さらに当時はまだあまり知られていないベンチャーだったので、「なんでそこに決めたの?」などとよく言われていましたね。

――その頃からすでに、現在の事業ともつながる地方創生を意識されていたということでしょうか?

矢野:きっかけとなったのは、電通に入社する直前に発生した東日本大震災でした。入社した最初の頃は社会全体が自粛モードで、群馬で仕事をする地元の友達は工場がストップして仕事も、給料も減ったという話を聞いていました。

 一方で僕は、仕事は大変だったんですけどもしっかりと給料をもらえるという立場ではあり、この違いにずっと違和感を抱いていました。何か新しいことをするなら教育をやりたいなという思いが当時あったので、それを実現させた形になります。

わずか1年で事業から撤退。次の仕事を考える

矢野健太

――そのベンチャー企業ではどのような仕事をされたのでしょうか?

矢野:出版社さんに常駐して、その出版社さんの教育事業を一緒に立ち上げるということをやっていました。具体的には理系の女性を増やす事業です。理系科目が好きな学生は楽しんで勉強していると思いますが、苦手な人に理系科目の面白さをどう伝えるかということに注力しました。

 どうしても数学や物理はなどの科目は、「生活に必要なの?」「何のためにやるの?」と思ってしまいがちなので、ここで挫折してしまう学生にどう必要性や面白さを伝えるかというところを工夫しました。ただ、この教育事業から結果的に撤退ということになり、丸1年で終わってしまいました。

――そうなんですね。でも、そこから起業する前にもう1社経験されているんですよね。

矢野:次の仕事を考えていたときに、地元の群馬県のNPOから声が掛かったんです。もともと働きたかったNPOでもあり、関心のある領域でしたので、2年弱ほど所属しました。そしてこの時に食べたパンに感動したのが、今の事業のきっかけでした。

 このNPOの業務内容では、地場や中小企業2代目社長さんとベンチャー企業さんをつないだりしていました。そこで僕は、主にママさん支援以外のところを担当し、コンサルティングや案内などをやり、この時にさらに地方創生への関心が高まったのです。

<取材・文・撮影/重野真>

【重野真】



Densu Building CC BY 2.0 via flickr