―[麺すすり子のラーメン巡礼]―


 こんにちは!ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

 皆さん、台湾まぜそばはお好きですか?名古屋めしのひとつで、ひき肉・ネギ・ニラ・ニンニク・魚粉などの具材と一緒に中華麺を混ぜて食べるという形のサイコーです。

 今回はその中でも特にわたしのラブな、練馬「麺 酒 やまの」の台湾まぜそばをご紹介させてください。

◆混ぜるほどに味わい深い、魅惑の台湾まぜそば

 まぜそばってどの角度から見ても「オイシソウ」ってなりますよね。接写が完璧にキマります。

 見るからにウマい具材がたっぷり積まれた丼、極めつけにツヤツヤの黄身が、魅惑の世界に誘いにきています。食べる前にこんなにうっとりさせられちゃうの、ズルい……。

 とにかく混ぜる。

 これが、まぜそばの“大正義”です。魅惑の黄身ちゃんをにソッと箸を入れたなら、すべての具材を混ぜる混ぜる。もういいかな?いやあともうひと混ぜ。そんなマインドが、まぜそばをよりおいしくし、自分も作り手も世界もハッピーにするのです。

 たくさん混ぜて、それでは、いただきます。

 ネギ・ニラ・ノリ・ミンチがランダムに味覚を刺激してくるの、サイコーです。人に会う前に食べちゃいけない食べ物って、どうしてこうもウマイのでしょう。このランダム感が、ジャンクさもあるけど奥行きも感じて幸なのです。

 あからさまではないのに、常々どこかに感じる魚粉とニンニクは、いい仕事をしているという証でしょうか。尊いと感じます。

 ゴロゴロミンチは、ミンチとは思えない肉感、ジューシー、ニクニクしい。味染みミンチ。甘じょっぱい味付けとピリリッとたまにくる辛味がイイ。

◆こだわり溢れるちぢれ麺、卓上調味料

 もちつやな中太ちぢれ麺がお口にたまらない。お口が喜ぶ食感です。この麺は具材やタレとの絡みをよくするために、仕上げるときに麺の表面を傷つけているのだそう。

 まぜそばを食べているときのなんとも言い難い多幸感。おいしい麺とおいしい肉塊とクセのある具材たちを一緒に食べる感覚、人の幸せの形のひとつなのでは???幸せの定義の可能性を感じました。

 卓上の自家製昆布酢を入れると、濃厚なおいしさからサッパリに変わっちゃう。でもツンとしてなくて、サッパリしてる。これは一度お酢を沸かしてまろやかにしているからだそう。サッパリになってもおいしい楽しさ。振り幅の広さに翻弄されます。

 そして、まぜそばといえば追い飯。追い飯のためとも言える量の具材とタレが、麺をすすったあともしっかりと残っているの、店主さんの愛を感じます。そんな愛をしっかり受け止めてゴーする追い飯がすきです。気づいたんですが、まぜそばにおいて麺と同じ位に合う食べ物が白米です。

名古屋愛がたっぷり詰まったまぜそばを、練馬で堪能する

 このまぜそばが食べられる「やまの」さんは、創業者が名古屋の出身で、地元にまつわるラーメン屋を開きたいと考えオープンに至ったそう。店名のとおり、「麺だけでもお酒を飲みながらでも楽しんでほしい」という店主の西村さん。店の壁ポスターの「まぜそば052」の「052」とは、名古屋の市外局番で、台湾まぜそば発祥の地としての想いを込めて、このネーミングにしたとのこと。愛がこもった粋なネームです。

 名古屋の愛がたっぷり詰まったご当地麺、うまさを噛みしめてほしい。

 ごちそうさまです!

TEXT/麺すすり子>

【麺すすり子】
ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベース鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―


まぜそば(850円)