その言動が度々ネット上をざわつかせている、作家でブロガーのはあちゅう氏。そんなはあちゅう氏が12月6日AbemaTV生放送アンチとのバトル企画を実施するそうです。

関連記事:漫画『娘の友達』論争 中年男が女子高生と恋する内容に傷付いてる人々へ「クソ」を捧げます|春山有子 | TABLO

 

 

アンチ行為の被害を受けていると主張

こうした企画のきっかけとなったのは10月20日、はあちゅう氏が自身のTwitterで呟いた、

ネットでの嫌がらせはもはや社会問題なので、番組化して、制作費で執拗なアンチの身元を特定し、突撃インタビューアンチの1日に密着した後、ネットで言っていたことを、本人目の前にして言えるかどうか検証してほしい。AbemaTVとかNetflixあたりがやってくれないかな…』

といったツイートだったようです。

このつぶやきが、AbemaTVで実現することとなったようで『全然出たくないけど(アンチと関わりたくない…気が重い…)自分で提案したので出ます…!』などと宣言していました。

はあちゅう氏は、悪口ツイートや不快なDM、デマを拡散されるなどといったアンチ行為の被害を日々受けていると主張しており、『今後ネットいじめが原因で死にたくなる人を一人でも減らせるように、ネットいじめの深刻さとかっこ悪さをスタジオで頑張って訴えてきます』と番組に対する意気込みを語っています。

こうした企画に対しTwitterなどでは、

参考記事:これぞ誰もが認めるマタニティフォト! モデルの近藤千尋(29)が魅せた“親友が撮ってくれた”写真 | TABLO

「その勇気すごいです!」

「これでアンチが減るといいですね! 頑張ってください!」

「はあちゅうさん、勇気ある行動ありがとうございます。はあちゅうさんの行動で私も励まされました。応援しています」

といった好意的なコメントや、はあちゅう氏を応援する声もある一方で、

「はあちゅうもアンチもやってること同じじゃない? 結局私刑やん」

「本当に粘着質なアンチも一定数いるのかもしれませんが、ほとんどの方ははあちゅう氏の間違いを指摘しているだけ」

「自分の方がよっぽどアンチのようなことしてると思う。少し名が知られてるからってやり方が汚い」

「自分の都合のいいことしか言わないのが目に見えてわかります

といった否定的な意見もあり、賛否両論となっているようでした。

 

しかし実際のところ、スタジオ出演予定だったアンチの辞退や、出演依頼をしたアンチ音信不通になるなど、出演するアンチはまだ見つかっていないのが現状のようです。

番組が12月6日生放送と差し迫る中、出演するアンチがいないというのは番組として成り立たなくなってしまうのではといった心配はありますが、はあちゅう氏とアンチの討論がどうのようなものになるか、注目したいところです。(文◎絹田たぬき

あわせて読む:“謝らない”はあちゅう氏をツイッター上で大批判 過去の『血液クレンジング記事』に「私も被害者」と釈明 | TABLO

画像は『旦那観察日記~AV男優との新婚生活~』より