cover_e

 
 ネコ科の動物は、子供の時にはイエネコと区別がつきにくいことも多く、これまでにも「普通の猫だと思って」保護した動物が、実はボブキャットだったりジャングルキャットだったりと、野生のネコ科の生き物だったというケースが報告されている。

 そして今回アルゼンチンでは、イエネコだと思い救助した動物がピューマの近縁種ジャガランティだったことが発覚。保護した後に家で飼育していた少女をおおいに驚かせるという出来事があった。

―あわせて読みたい―

道路わきでうずくまっていた子猫たちを保護したところ特別な猫であることが判明(イスラエル)
猫かと思ったらボブキャットだった。お巡りさん、迷子の子猫ちゃんを保護しようとするもボブキャットでびっくり
野良の子猫を路上で発見した女性、自宅に連れ帰った後、ボブキャットであることが判明(アメリカ)
釣りにいったら湖の中にネコが!?水中から網で救助されたボブキャット(アメリカ)
ピューマのメッシ、飼い主さんに今日も甘えん坊全開。ラブラブな毎日を覗いてみよう


Rescue 'Kitten' Named Tito Turns Out to Be a Wild Puma

死んだ母猫の傍に寄り添っていた子猫を発見、保護

 アルゼンチン北部トゥクマン州サンタ・ロサ・デ・レアレスに住む学生フロレンシア・ロボさん(18歳)は、弟と一緒に川へ行き釣りを楽しんでいた時に、川の近くにある洞穴に動物がいるのを発見した。

 そこには、母親とみられる成長した猫が死んでおり、その側に2匹の子猫が寄り添っていた。

 ロボさんは、「捨てられた猫が子猫を産んだに違いない」と思い、2匹を家に連れ帰って育ててやることにした。

生き残ったのは1匹、やんちゃにスクスク成長

 しかし残念ながら、ダニ(Dani)と名付けたメス猫は弱り方が激しく、立ち上がることができないまま、保護して1週間後にこの世を去った。

 一方、ティト(Tito)と名付けたオス猫は元気いっぱいで、とても速く走ったり、物によく噛みついたりした。テーブルの上に飛び乗ってはまた別の場所へジャンプしたりと、とにかくやたら激しく動き回り、ロボさんを驚かせていた。

 それでもロボさんは、「子猫ってこういうもの」と思いながら、ベッドで一緒に寝るほどとても可愛がっていた。

怪我をして病院に連れて行ったら仰天事実が判明

 ティトを保護して2か月がたったある日、やんちゃなティトは足を怪我してしまった。ティトを獣医院に連れて行き診察してもらったところ、思わぬ事実が判明する。

 獣医はティトが普通のイエネコではないというのだ。ティトは、ピューマの近縁種で野生動物のジャガランティというネコ科動物だという。

 ジャガランティは南米と北米南部原産の野生動物で、流水のそばの標高の低い草地に棲息する。イタチカワウソのようなスレンダーなボディと平らで三角形の頭部を持ち、カワウソネコと呼ばれることもある。体重が9kgまで成長するものもいるという。

 結局、ティトの診察で足の手術が必要であることがわかったロボさんは、手術代を出せる余裕もなかったことから、非営利団体の動物保護施設「FARA Fundacion Argentina de Rescate Animal」へ連絡し、助けを求めた。

治療後、ティトは野生へと戻される予定

 ロボさんから連絡を受けた施設側は、ティトのケアを引き継ぎ、獣医院へと連れて行った。野生動物を飼育下に置くことはできないため、施設がティトを引き取った。ティトは、治療を受けた後は生息地に返される予定ということだ。


 2か月間、イエネコとしてティトを飼育していたロボさんは、ティトが野生動物と聞いてそのやんちゃぶりに納得したようだ。しかし、愛情が湧くには十分な期間を一緒に過ごしていたため、手放すことをとても寂しく感じている。

いつも、私が学校から帰ってくると待っていてくれたので、もうそれがなくなったことがとっても寂しい。

エネコだと思って猫用の餌やミルクを与えていたから、ティトが野生に戻ってちゃんと生き延びていけるのかとても心配です。

References:Fox Newsなど / written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285232.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

牛にVRゴーグルを装着、癒し効果でうつ病軽減と乳量増加を目指す試み(ロシア)
やっぱ猫だろ。飼い主がフラフープダンスを撮影中カットインしてきた猫
排泄物も有効活用。象の糞で作った紙製品が「独特の魅力がある」と大人気!(スリランカ)
「ちょっとそこどいて!」いきなり飼い主に押しのけられた猫、その驚くべき理由とは?
ジャイアントパンダのレア種、茶色パンダの“チーザイ”、いじめ乗り越え養子縁組が成立

―知るの紹介記事―

牛にVRゴーグルを装着、癒し効果でうつ病軽減と乳量増加を目指す試み(ロシア)
ジャイアントパンダのレア種、茶色パンダの“チーザイ”、いじめ乗り越え養子縁組が成立
ヨーロッパに点在するサナトリウム廃墟
その強さ、鋼の15倍。強力繊維で作られた世界最強の「不滅のダウンジャケット」が開発される(イギリス)
寂しいのは自分だけじゃない。孤独の6つの種類とその原因
イエネコかと思ったらジャガランティ!死んだ母親のそばにいた2匹の子猫を保護してびっくり(アルゼンチン)