チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、アストン・ヴィラアシスタントコーチを務める元イングランド代表DFジョン・テリー氏との対戦を心待ちにしていることを明かした。3日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

 ランパード監督とテリー氏は14年間にわたりチェルシーで共にプレーし、数多くのタイトルを同クラブにもたらした。ランパード監督はダービー・カウンティを指揮した昨シーズンチャンピオンシップ(2部)でテリー氏と対戦しているが、チェルシーの本拠地スタンフォードブリッジでの対戦は初となる。

 テリー氏にとってはチェルシーを退団した2016-17シーズン以来の本拠地凱旋となるが、ランパード監督は同氏がファンたちから大きな歓迎を受けることを予想した。

「昨年は彼と2回対戦した。彼がディーンスミス(監督)と共にアストン・ヴィラでやっている仕事をとてもリスペクトしている。私はジョンチェルシーファンから正しく歓迎されると思うよ」

「彼は素晴らしいキャプテンでこのクラブで全てを勝ち取ったんだ。それは誰もが理解している。ファンたちは彼に感謝していることを表明すると思う。それはジョンにとって感情的なものになるだろうね。彼はそうなるべきだし、ブリッジに帰ってくることをとても楽しみにしている」

 チェルシーアストン・ヴィラの一戦は4日にキックオフを迎える。

テリー氏(左)の本拠地凱旋を心待ちにする(右)ランパード監督 [写真]=Getty Images