Agilent 5900 ICP-OES
Agilent 5800 ICP-OES
アジレントテクノロジー株式会社(社長:合田 豊治、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、環境、食品、エネルギー、化学、マテリアル市場のラボに最適な新世代のICP-OESを発表します。

新製品のAgilent 5800 ICP-OESおよび5900 ICP-OESシステムは、まったく新しいスマート機能を搭載しており、サンプル前処理から機器の状態まで分析結果の信頼性を高めます。装置がさらにインテリジェントになることで、ラボでは、予定外のダウンタイム発生を防止し、サンプル再分析の必要性を低減する先を見越したアプローチをとることができるようになります。

アジレントの原子分光部門 バイスプレジデントジェネラルマネージャーキース・ブラッチフォード (Keith Bratchford) は次のように語っています。
コスト増大、収益性低減、ラボの非効率性を招く再分析は、大きな問題です。各種センサ、および独自のソフトウェアツールとのリンクにより、5800および5900では、ラボの分析者が正しい答えを得られるよう、分析全般にわたって案内していきます。」

続けて、ブラッチフォードは、以下のように話します。
「サンプルを分析する際に、経験あるサイエンティストがそばについていてくれるようなものです。ラボスタッフの離職といった問題にも対応でき、再教育にかかるコストも最小限に抑制可能です。」

特許申請中の自由曲面光学系により、5800および5900は市場で最も小型で高速なICP-OESとなっています。ラボマネージャーは、ラボ運営や分析結果にさらに自信を持つことが可能です。

アジレントテクノロジーについて
アジレントテクノロジー (NYSE:A)は、ライフサイエンス、診断、応用化学市場におけるグローバルリーダーです。当社は生活の質を向上させるインサイトやイノベーションを提供する独立した会社となって20年を迎えます。当社の機器、ソフトウェアサービス、ソリューション、人材は、お客様が抱えるきわめて困難な課題に信頼できる答えをお届けします。2019 年度の売上高は 51億6000万米ドルでした。従業員は全世界で 16,300 人となります。アジレントテクノロジーの情報は、http://www.agilent.com でご覧ください。アジレントの最新の情報を得るには、Newsroom.を購読してください(英語)。Linked In、TwitterFacebook. でアジレントをフォローしてください(英語)。日本語Twitterアカウント (AgilentChem_JP および AgilentLife_JP) をフォローしていただくと、日本語で情報をご覧いただけます。
マスコミ関係者の皆様: 技術、地域貢献、役員等に関連する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.agilent.co.jp/newsjp

# # #

お客様からのお問い合わせ先:
カストマコンタクトセンタ 電話:0120-477-111

配信元企業:アジレントテクノロジー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ