桜を見る会に反社会的勢力が、総理推薦枠で招待されていたことが現在野党によって追及されています。ここに来て火に油を注ぐような報道が流れたのです。今井絵理子政務官が、なんと半グレリーダーと思われる男性と一緒に写真を撮っていた問題が明るみとなったのです。今回の半グレ写真が流出したことにより、今井絵理子議員の資質問題だけでなく、安倍政権の終わりの始まりともネット上では囁かれているのです。

今井絵理子議員、沖縄半グレリーダー疑惑男性との写真流出

元「SPEED」のメンバーとして、全国区の知名度を誇る今井絵理子参議院議員(36才)は、今年9月、安倍首相によって内閣府政務官という政府要職に抜擢されたばかり。10月末に首里城那覇市)が焼失すると、率先して再建に動くなど、その活動が注目されている。

そんな今井氏が笑顔でガッツポーズを取る1枚の写真が、物議を醸している。

引用 https://www.news-postseven.com/archives/20191205_1501848.html/2

その物議を醸している写真がこちらです。

中央のモザイクが掛かっている男性が半グレリーダーとされる人物で、右に移っているのが宮崎政久議員です。

記事を読むと、もともと宮崎政久議員が信頼を寄せる男性を今井絵理子議員に紹介したと言う事が見てとれ、「個人的面識はない」という今井絵理子議員の発言には信憑性があると考える有権者も多いようです。

しかしその一方で、反社と繋がっていることに不信感を覚えるネット民も。

今井絵理子議員が内閣府大臣政務官に就任したときは日本オワタと言われましたが、

桜を見る会の反社会的勢力の参加や今回の半グレ写真の流出など、いよいよ安倍政権終焉の始まりではないかとネット上で憶測が流れる事態となりました。



画像が見られない場合はこちら
今井絵理子議員が半グレ疑惑男性との写真流出で安倍政権崩壊の始まりと話題に