SNSストレス発散に使っているわけではなくても、短時間で消えるインスタストーリーや、ツイッターのつぶやきで心の闇を見せてしまう女性は少なくないはず。

それが男子の目から見て「この子とは絶対付き合えない」と思わせてしまっている場合もあります。

今回は、恋を遠ざけてしまうSNS投稿とはどんなものなのか、男性の意見を聞いてみました。

どっちが本当の生活?ふつうの投稿とストーリーが違いすぎ!

「友達のインスタには普段、カフェ手料理が載っていて、庶民的っぽく見えます。でも、ストーリーにたまに上がっているのは一人何万円もしそうな高級店のこともあって……。

パパ活でもしてるのか?と思ってしまうことがあります」(25歳/IT関係勤務)

投稿する内容は印象を意識して作り込んでいても、ストーリーアップする内容は素のままという方は多いのではないでしょうか。

ストーリーのほうが本当の私」という人が圧倒的に多そうです。

ちゃんと仕事してる?投稿多すぎのストーリー

「いつ画面を開いても、ストーリーの左側に出てくる子がいるんです。どうでもいい内容が1日何十個もあがっていて、暇人なのかと思ってしまう」(28歳/不動産会社勤務)

ほか、男性に「多すぎないと感じるストーリーの回数」についても聞いてみたところ、「1日2~3個まででは?」という回答が多かったです。

旅行やイベントに参加したときは別ですが、日常生活ならそのくらいにとどめたほうが自然かも?

彼氏の愚痴のツイッター投稿

「普段はいい子なんだけど、彼氏と上手くいかなくなるとすぐ分かる子がいます。『浮気されてるかも』『家に行ってみようかな』とか彼氏への不満や不安のつぶやきが夜中に激増……。
朝には消えてることもあるけど、『この子と付き合ったらツイッターで晒されるのか』と思ってしまう」(24歳/システムエンジニア

夜中って人は感情的になりやすいもの。

ツイッターの投稿を朝になって「なんであんなこと呟いたんだろう」と消したくなるのは珍しいことではありません。

でも、しょっちゅう呟いて、消して……を繰り返していると、それを見た人からは怖がられてしまうかも。

「会社行きたくない」「人生楽しくない」愚痴投稿

ストーリーが愚痴ばっかりの子っていますよね。
会ってもネガティブオーラを受けそうで、会いたいとは思えないです」(27歳/金融関係勤務)

実生活が楽しくないのに無理に装うのもしんどいものがありますが、心の闇を全開で出してしまうと、周囲の人は離れてしまうかも。

愚痴ばかりの投稿をアップするくらいなら何も投稿しないか、嘘でも楽しそうに見せたほうが良いのかもしれません。

「俺の出る幕はなさそう」リア充すぎ投稿

「しょっちゅう海外旅行やイベントに参加している投稿をあげている子は、『俺じゃ満足させられなそう』って思ってしまいます」(25歳/半導体メーカー勤務)

リア充過ぎる投稿がしょっちゅう上がっていると「誘っても忙しくて断られそう」と思われてしまうのでしょうね。

男性からすると「付き合ってもあまり会えなそう」とも見えるかもしれません。

消しても見た人の記憶には残るので要注意

動画って情報が多いから、インスタストーリーはけっこう相手の印象に強く残るんですよね。ツイッターも、後で消されているほうが逆に「この子大丈夫かな?」と思われてしまう場合もあります。

どちらも、消しても一度見てしまった人の記憶には残ってしまうので要注意。

ネットの印象はネガティブなものほど印象に残りやすい、というのは忘れないようにしていたいものですね。

(上岡史奈/ライター

>>【あわせて読みたい】ちょっとキツいな…。男性が引いちゃう「女子のSNS投稿」

(愛カツ編集部)