詳細画像はこちら

ダルトリーが28年間所有

photo:COLLECTING CARS

いま乗っているクルマの「代用品(Substitute)」を探している人に言いたいのは、「もう二度と騙されるな(Won’t Get Fooled Again)」ということだ。

写真のフォルクスワーゲンビートルを手に入れた人物も、そう思っていたに違いない。このクルマはなんと、英国の伝説的ロックバンドザ・フー」のロジャー・ダルトリーがかつて所有していた1台で、それを証明するダルトリー自身の署名入り手紙も付属しているのだ。

詳細画像はこちら
ダルトリーが所有していたVWビートル

この1977年ビートル 1303LSカブリオレは30年近い間、ダルトリーのコレクションに収まっていた。それから2005年に一度、売られただけだ。現在はマレーシアにあるこのクルマが先日、「コレクティング・カーズ」というサイトインターネットオークションに出品された。

最上級トリムのカブリオレ

1303は1973年ビートルの最上級モデルとして登場。排気量の大きな1600ccのデュアルポート空冷水平対向4気筒エンジンを積むことから、「スーパービートル」と呼ばれた。また、それまでのスタンダードビートルと異なり、カーブしたフロントガラスやずんぐりしたフロントフード、大型化したテールランプを持ち、「象の足」というニックネームも付けられていた。

ダルトリーはこの1303を1977年に購入。それが最も豪華なトリムの「1303LS」であったことは驚くに値しないだろう。

詳細画像はこちら
ダルトリーはザ・フーシンガー

さらに彼は、そのカブリオレを選んだ。有名ロッカーにとって、屋根を開けてクルマを運転することは、ほとんど社会的義務のようなものである。しかもボディは魅惑的なヴァイパーグリーンで塗られている。

現在はブルートゥースやエアコンも搭載

ダルトリーがこのビートルを気に入っていたことは間違いないだろう。なにしろ28年間も所有し続け、その間に走行距離は12万kmを超えているのだから。

彼はこのクルマを所有していた間に、シビエ・オスカードライビング・ランプを装備するなど、いくつかのアップグレードを施している。純正の15インチスポーツ」ホイールが装着されたままだが、車内には現代的なブルートゥース接続とMP3ファイル再生に対応したアルパイン製CDプレイヤーを搭載。スピーカーも増設されている。マレーシアの気候では必須となるエアコンディショナーも、現在のオーナーが付け加えた。

詳細画像はこちら
オーディオアップグレード済み

さらにこの車両にはオリジナルの書類ケースも付属しており、純正オーナーズ・マニュアルや過去の車検証と整備記録も揃っている。加えてダルトリーの署名入り手紙と、おまけ2005年にダルトリーがこのクルマを売却したことを伝える当時の新聞も残されている。

次(のオーナー)は誰だ?

現在の売主は、このクルマを5年前から所有してきた。その間に3000kmほど走ったため、現在の走行距離計は13万kmに達している。2014年にはオリジナルと同じ純正色で再塗装され、ベージュの幌や内装も張り替えられた。オーナーによれば、コンディションは「最高」とのこと。

12月4日に終了した今回のオークションには、全部で23の入札があり、最高額は2万6500ポンド(約380万円)だった。落札した「次(のオーナー)は誰だ?(Who’s Next)」

詳細画像はこちら
多くの書類が付属

フォルクスワーゲンの記事
ザ・フーのロジャー・ダルトリーが所有していたVWビートル 約380万円で落札
フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(8代目)
「ワーゲンバス」がEVに VWタイプ2、eゴルフのパワートレイン仕様 米フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 7代目

ザ・フーのロジャー・ダルトリーが所有していたVWビートル 約380万円で落札