道路交通法の改正で、2019年12月1日から運転中のスマートフォンの保持に罰金が科せられるようになった。普通車で1万8000円に、加えて「交通の危険」を生じさせた場合は運転免許の停止(6点減点)、さらには1年以下の懲役または30万円以下の罰金と、大幅に厳罰化された。

その一方で、クルマの中で安全かつ適法に、スマホを利用したいというニーズが高まっている。最近はカーナビ機能もスマホの地図情報の案内で事足りるようになってきた。

そうしたなか、クルマバイクスマホを連携させて、車載機からスマホアプリを安全に操作できる「SDL(Smart Device Link)」規格が注目され、SDL対応アプリの開発に熱が入ってきた。

大学や高専・高校、個人、チームと多彩な顔ぶれ

トヨタ自動車が今年9月に発売。売れ行きが好調な新型カローラの「売り」のひとつが、SDLへの対応だ。スマホサービスを積極的に利用する若者を意識して標準搭載した。ダイハツをはじめ、他の自動車メーカーも今後はSDL対応車を投入する見通しという。

そうしたことから、スマホを使うことでクルマの運転がもっと安全に楽しくなる、そんなクルマスマホの「いい関係」を築くSDLアプリの開発が動きだした。

SDLアプリとは、スマホと車載器を連携するためのオープンソースで、インターネットでは車載器向けのライブラリiOSAndroid向けのSDL開発キットなどが提供されている。

11月22日に開かれた「SDLアプリコンテスト2019」(SDLアプリコンテスト実行委員会)の最終審査会・授賞式には、

(1)安全支援型Music Player 音助 (九州産業大学工学部合志研究室&情報システム研究会)
(2)SDLratch (Plzayanz h)
(3)お風呂にしますか? お風呂にしますか?それとも...... お風呂?(函館高専プロコン研究会)
(4)シェアレコ (猿出没注意)
(5)SpiCar (PatchWorks
(6)とらっくら!(ブラック学生inホワイトラボ)
(7)ハッキング小峠(チームBHB)
(8)駅の道合戦(河野祥平)
(9)ミチログ(チームK)
(10)優良ドライバーチェッカー(開発若葉マーク

―― の第1次選考を通過した10作品が出展。審査員の東京大学大学院情報学環教授の歴本純一氏(審査委員長)、ITジャーナリストスマホ安全アドバイザーの鈴木明子氏、開発者/AR三兄弟長男の川田十夢氏、トヨタ自動車の山本昭雄ITS・コネクテッド統括部長を招き、最終プレゼンテーションを繰り広げた。

入賞者は大学、高専・高校、一般と広範囲にわたり、なかには児童とのコラボでの開発アプリであるなど多彩で、内容も運転(ハンドル)操作(小回り・大回り、車間距離、歩行者との兼ね合い)、居眠り防止、逆走検知、運転手の視野(カーナビに気をとられる)、家電の自動起動など、まだ初歩的な試みではあるがユニークな着眼のアプリが続々と発表された。

「ついやってしまう」ことが危険に繋がる

審査員からは、

トラックにまで範囲を広げて安全運転に心がけるようにすることを、いろんなアイデアで工夫されており、メーカーの立場から暖かく育てて行きたいと思う」
「9割の人が歩きスマホの危険性を知っておりながら、ついやってしまうことが危険に繋がることは運転にも言える。今回発表のアプリを見ていると操作をできるだけ簡単にするなど、今後ますます安全運転に注意する方向に向かうのかなと思った。また、いろんなデバイスを使ったアイデアも今後の発展性に繋がる期待が持てると感じた」
「優良ドライバーなど賞をもらっている人は安全運転やシリアスな事故などについても関心が深い。賞に漏れたグループの『お風呂にしますか』も家族と家庭の家電自動スイッチオンの話では、次の展開がどうなることかと思わせる面白い企画だった」
社会問題スマホ問題とをしっかり向き合いながらアプリケーションを工夫していてよかった。今、逆走問題という非常に重要な社会問題を捉えている。アプリでの『逆走しますよ!』という注意だけでは運転手は困るので、もうひと工夫が必要と思う。今後に期待したい」

とのコメントがあった。

なお、審査の結果は以下のとおり。

グランプリ賞「優良ドライバーチェッカー(開発若葉マーク)」
特別賞「ダンスも良かったで賞:シェアレコチーム(猿出没注意)」
「有給使ってイイネ賞:ミチログ(チームK)」
キッズ賞「SDLratchグループ (Plzayanz h)」
「社会とスマホの問題とをしっかり向き合いながらアプリケーションを工夫している」