Panic12月4日(木)、同社が開発中の新しい携帯ゲーム機Playdateについて、神戸で2019年12月『Playdate miniEXPO 2019』を開催することを「Playdate」の日本向け公式Twitterアカウントが発表した。

 神戸・北野坂のブック&アートギャラリー「KITSUNE」では14日(土)・15日(日)の13時から18時に開催されるほか、東京・西荻窪のセレクトショップMETEOR」では21日(土)・22日(日)の13時から21時に開催される予定だ。

 「Playdate」はポケットサイズで黄色いフォルム、モノクロスクリーンと本体右側に取り付けられた手回しクランクコントローラーが特長的なゲーム機2019年5月に発表されて以来、特長的なデザインと12週間ごとに遊べるゲームが増えていく「シーズン制」を採用していることなど、挑戦的な設計がガジェット系のユーザーを中心に多くの注目を集めている。

 今回のイベントでは、『塊魂』『のびのびBOY、そして12月17日(火)に発売される『Wattamを手がけた高橋慶太氏がPlaydate用に開発中の新作『Crankin’s Time Travel Adventureが完成間近の実機で試遊可能だ。

 「Playdate」の公式サイトでは、注文受付開始を知らせるメールマガジンへの登録受付や、実機の3Dモデルなどを確認できる。価格は149米ドル(約16000円)で、初回の出荷は2020年前半を予定している。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。