チェルシーフランク・ランパード監督が、同チームに所属するイングランド代表MFルベン・ロフタス・チークについて言及した。5日付けで、イギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

 現在23歳のロフタス・チークは、今年5月にアメリカで行われたチャリティーマッチアキレス腱を断裂。当時は回復まで半年以上を要すると診断されていたが、ランパード監督は同選手の復帰時期に関して未だ確定していないという。以下のように語っている。

「彼は回復に向けて努力を重ねているが、ここ2ヶ月はより慎重に治療をしている。もちろん彼は早くピッチに立ちたいと思っているだろうが、今はコンディションを整えることが一番だ。悪化させては元も子もないからね」

「彼の復帰がいつになるか、正直まだ分からない。今はとにかく、回復に専念してもらいたいと思っているよ」

 負傷のため、今シーズンから就任したランパード監督の下で未だプレーできていないロフタス・チーク。果たして同選手が再びピッチに立てるのは、いつになるのだろうか。

チェルシーに所属するロフタス・チーク [写真]=Getty Images