ホセ・カジェホン 写真提供:Gettyimages

 中国超級(中国1部)大連一方のラファエル・ベニテス監督は、ナポリスペイン代表FWホセ・カジェホンの獲得を望んでいるようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のニコロ・スキラ氏が伝えている。

 大連一方の監督を務めるベニテス監督は、2013年から2015年までナポリで指揮を執っていた。カジェホンは同監督の下で2シーズンに渡ってプレーしている。そのベニテス監督は、カジェホンを大連一方に連れていきたいと考えているようだ。

 報道によると、大連一方はカジェホンに対し1000ユーロの年俸を用意しているようだ。現在350ユーロの年俸を受け取っているとされるカジェホンに、約3倍の条件を提示することで、獲得を目指すとみられている。

 また、カジェホンの放出に備えて、ナポリも補強候補の新戦力をリストアップしているようだ。サッスオーロのコートジボワール代表FWジェレミー・ボガの獲得を検討しているようだ。

 現在、大連一方ではナポリ時代の同僚であるマレク・ハムシークプレーしている。果たしてカジェホンは、かつてのチームメイトと恩師とともに中国でプレーするのだろうか。