神田松之丞

バラエティ番組でも活躍中の、100年に1人の天才講談師・神田松之丞と、爆笑問題太田光が持論を展開する『太田松之丞 ~悩みに答えない毒舌相談室~』(テレビ朝日系)が4日深夜放送。

ブレイク中の松之丞が、「嫉妬してくる落語家」の存在を明かし苦言を呈した。

◼松之丞の人間関係

「嫌いな人との人間関係に悩んでいる」との投稿を受け、「人間関係なんて構築してない」と太田は即反論。そういった人間関係の話題から「落語家の嫉妬がスゴイ」と松之丞は嘆きはじめる。

自身は嫉妬しないタイプのため、「人に嫉妬する感じがあまり好きじゃない」と苦言。自身のブレイクに嫉妬してきた落語家とのやり取りを明かす。

関連記事:真打昇進は桂歌丸の「死に待ち」? 神田松之丞の圧巻芸に浜田以外ベタ惚れ

◼落語家の嫉妬

落語家・三遊亭圓朝の持ちネタの怪談噺『牡丹燈籠』をNHKドラマ化し、語り部として出演することになった松之丞。

メディアで活躍しててNHKに出られる落語家って(いまはいない)。(立川)志らく師匠とかだと、まあ滑稽噺の人だからキツイし」と犬猿の仲の志らくを貶めながら、俳優がやるよりはまだ講談師の自分がやったほうがいいかなと無理をしてオファーを受けたと告白する。

するとやはりSNS上で「フワッと(文句を)言うやつがいた」らしく、そういった落語家に対して松之丞は「格好悪い」「売れない理由がわかる」と切り捨てた。

◼ブログに文句を書かれて…

さらに寄席で会った5年ぐらい先輩の落語家が「今日は客が変でやたら無駄に多いと思ったけど、松之丞がいるからか」とブログに書いていたことを指摘。

「なんて陰湿なやつなんだ」と呆れたと明かし、「『どういうあれで書いたんですか?』って電話しようか迷った。でも武士の情けで、今度あったとき直接聞こうと思って」と、一方的な意見だけを伝えられるネット上での発言に対する怒りを滲ませた。

この一連のやり取りに、視聴者からは「売られたケンカは買うタイプだよね、好き嫌いがハッキリしてるし」「神田松之丞、面倒くせえなぁ(笑)」「相変わらず志らく師匠が大好きな松之丞」とさまざまな感想が寄せられている。

◼約1割は「ネットに書き込み」

しらべぇ編集部で全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の14.7%が「ネット上に批判や悪口を書き込んだことがある」と回答している。

ネット悪口批判書き込みブレイクし活躍する松之丞に対して、嫉妬をあらわにした落語家たち。我慢できずについネット上に批判や悪口を書いてしまったのかもしれないが、それはあまりにも大人げないと言わざるをえない。

・合わせて読みたい→爆問・太田が明かした過去の後悔に弘中綾香アナもドン引き 「最低…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

神田松之丞、ブレイクに嫉妬する落語家に辟易 「売れない理由わかる」