【動画はこちら】

東京都新宿区の路上でツアー中のはとバスが停車中のハイヤーに追突し、ハイヤーの運転手が亡くなった事故で、はとバスを運転していた運転手へのインタビュー動画が公開されています。

はとバスの運転手は事故当時インフルエンザで意識が飛んでいたことが分かっています。「体調が悪くても勤務しないといけないのか?」という質問に対し、「普通のサラリーマンより酷」などとコメントしています。

はとバス側は当日の勤務状態について問題なかったと説明しています。

ネットには「これがバス、タクシートラック業界の現状」「夜勤明け休みなしで日勤は労働基準法違反」などのコメントが寄せられています。

【動画はこちら】

【新宿】はとバス事故の運転手に直接インタビュー。「インフルエンザで意識飛んでた」「普通のサラリーマンより酷」