文:ぽんきち

 2019年11月1日に発売となったNintendo Switchソフトマリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』。『スーパーマリオシリーズ、『ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズキャラクターたちが一堂に会し、オリンピック競技にて競い合うスポーツゲームマリオ&ソニックシリーズの最新作だ。

 今回は2020年に開催が予定されている東京2020オリンピックモチーフにしており、従来のオリンピック競技のほか、今大会より追加された種目である“サーフィン”や“スケートボード”、“空手”、“スポーツクライミング”が遊べるようになっているのが特徴。本稿では、担当ライターが実際に本作を遊んでみた感想をお届け。

東京2020オリンピック開催まで、このゲームで遊べばいいじゃない

 開催決定が告知されて以来、何かとお茶の間を騒がせてきた東京2020オリンピックだが、気付けば目前と言えるほどに迫ってきたこともあり、皆さんも話題に出す機会が多くなってきたのではなかろうか。自分が生きているあいだに出身国でオリンピックが開かれるというのは、これはもうとんでもないことなのですよ。どれほどとんでもないかというと、遠足のおやつを無制限に買っても大丈夫だとか(もちろんバナナおやつに入らない)、夕食後にデザートプリンをふたつ食べてもいいとか、それくらい。

 まぁそれはそれとして、オリンピックを題材にしたゲームといえば、やはりこの『マリオ&ソニックシリーズが筆頭に挙がるといえよう。マリオソニック、さらにその仲間といった世界規模で有名なキャラクターたちが登場し、オリンピック競技で競い合う。オリンピックというスポーツの祭典にて、有名どころオールスターでのお祭り騒ぎとくれば、盛り上がらないわけがない。


【画像23点】「スイッチ『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』発売から1ヵ月。競技記録の伸び悩みを解消するコツを伝授!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 ゲームの全体構造は、これまでの『マリオ&ソニックシリーズとほぼ変わらない。プレイヤーは好きな競技、キャラクターを選択し、新記録、または自分(チーム)の勝利を目指して奮闘することになる。ゲームモードはひとりで各競技をプレイする以外にも、ローカル通信やインターネットを介した対戦プレイ、さらには本作オリジナルストーリーが展開するストーリーモードまである。

 また、1964年に開催された東京オリンピックを舞台にした、昔懐かしのドットで描かれた2D競技を楽しめる“東京1964年競技”。“マラソン”や“跳馬”、“バレーボール”など、東京2020年競技にはない、ここだけの競技も含めた全10種目を収録。操作やルールシンプルながら、奥深い競技の数々で熱く競い合おう。


 ソロでストイックに、またはみんなでワイワイと競技を楽しむのが基本的な遊びかただが、個人的にはストーリーモードがとても気に入ってしまった。クッパDr.エッグマンによる悪だくみに対し、マリオソニックらがそれを解決するためにオリンピック競技で対決しながら奔走する……という流れだが、少しずつ仲間が増え、行動範囲が広がっていくのは、RPG作品にも似ていておもしろい。

 東京タワー新国立競技場、渋谷スクランブル交差点など、東京の名所を実際に訪れられるのも楽しく、あと少しだけ……と、ついつい遊んでしまう。登場キャラクターも皆可愛らしく、家族でもプレイしやすいのはポイントが高い。

 ちなみに、競技とは別にミニゲームが用意されているほか、オリンピックにちなんだトリビアを発見できることもある。ミニゲームはマイデータの“ゆうぎじょう”、トリビアはマイデータ内に登録され、いつでも遊んだり、内容を確認したりできるようになる。こういったコレクション的な楽しみもあり、飽きさせない工夫が随所に見られる。


シンプルながら、手に汗握る熱さと奥深さのオリンピック競技

 競技には、東京2020オリンピック競技をモチーフにした“東京2020年競技”、1964年に開催された東京オリンピック競技をモチーフに、ドット絵で再現された“東京1964年競技”、そして本作オリジナルの“ドリーム競技”がある。メインとなるのは東京2020年競技だが、ほかふたつも味わい深い部分が多々あっておもしろい。とくに東京1964年競技はドット絵に加えてピコピコサウンドにもなっており、おっさんとしてはたまらないものがある。

 実際に競技をプレイしてみると、どれもルール、操作方法ともにシンプルで、競技開始時に見られるチュートリアルを読んでおけば問題なく遊べる作り。ボタン入力でのボタンプレイか、一部を除きJoy-Conを使った体感プレイ(1本or2本)のいずれかを任意で選択でき、自分に合ったプレイスタイルで挑戦できるのもいい。あくまで個人的にだが、純粋に競技を楽しむのであれば体感プレイ、ガチで記録を伸ばすならボタンプレイかな、という結論。もちろん人によって感じかたは異なるわけで、そこは実際に触ってみて、しっくりくる方法で遊ぶのがいいだろう。

 最初はダメダメな成績でも、試行錯誤をくり返すうちにコツをつかみ、ふと0.1秒の記録を縮めるために延々とプレイし続けている自分に気付くという、凄まじい中毒性に驚く。どの競技も数分で終わるお手軽さなのも手伝い、いやが上にも熱中してしまうのだ。ソロプレイでこれなのだから、オンライン対戦などやったらどうなるか、恐ろしくなる。

 以下に、筆者お気に入りの競技をピックアップすると同時に、実際に叩き出した記録、そして開発サイドの記録とアドバイスを掲載。これからプレイする人には、かなり参考になるはずだ。ちなみに、筆者は40代のおっさんなので、この記録を抜けない人はおっさん以下ということになるのでご注意ください(煽り)。
(※競技の操作表記は、すべてボタン操作のものです)



100m】 ~記録:9.476~

 ボタンを連打し、100mを走り切ったタイムを競う、花形競技。単純ゆえに熱さもあり、指が痛くなるまで連打してしまったのはここだけの話。走行中の連打力は当然として、スタートダッシュの成功とスペシャルダッシュタイミングスーパースペシャルダッシュスペシャルダッシュ中、足元の△上でRを押す)の成功がカギになる。走るのに気を取られ過ぎると、各ダッシュタイミングを逃しがちなので注意したいところ。

<開発チームからアドバイス!>
スタートは『Go!』の合図で操作しては出遅れるので、合図と同時にスタートが切れるよう、ほんの少し直前に操作するのがコツになります。ただし、フライングには注意が必要です。
スペシャルダッシュは、発動中にゴールするより、解除と同時にゴールになるほうが理想的です。発動する位置を試行錯誤して、ぜひ記録に挑戦してください。
スーパースペシャルダッシュは発動タイミングを失敗すると減速してしまうので、ハイリスク、ハイリターンです。使用するしないの判断、葛藤を楽しんでください。


110mハードル】 ~記録:12.897~
 基本的な部分は100mと同じだが、途中でハードルを飛び越えなくてはならない。ハードル手前の踏切ラインにぴったり合ったジャンプほど評価が高くなり、PERFECTだと加速がまるで違う。また、ラストハードジャンプ評価がPERFECTだとスペシャルジャンプが発動し、これもすさまじい加速に。要はすべてのハードルでPERFECT評価を出せばいいわけだが、これが難しくてねぇ……。

<開発チームからアドバイス!>
すべてでPERFECTだとスーパースペシャルダッシュになります。ALL PERFECTを目指してみてください!
ジャンプ後の加速中、スペシャルダッシュ中も加速操作をすれば、少しですが加速します。0.001秒を縮めるため、ギリギリまで加速しましょう。
スタートは『Go!』の合図で操作しては出遅れるので、合図と同時にスタートが切れるようほんの少し直前に操作するのがコツになります。フライングにはご注意を。


【4×100mリレー】 ~記録:35.197~
 基本部分は100mと同じ。こちらはリレーと名が付く通り、4人のキャラクターバトンつなぎながら400mを走り切る必要がある。もっとも重要になるのは、バトンタッチタイミングバトンタッチする際にふたつのワッカが表示されるので、内側のワッカが外側のワッカに重なるタイミングでYボタンを押してタッチする。このとき、評価がPERFECTだとバトンタッチダッシュが発動して超加速する。これをいかにミスなくつなげるかが記録更新のポイントだ。

<開発チームからアドバイス!>
スペシャルダッシュタイミングが重要です。発動が遅すぎるとつぎの走者に接触するので、バトンタッチエリアに差し掛かると同時にスペシャルダッシュが終わるようにするのが理想です。
バトンタッチダッシュの加速中や、スペシャルダッシュ中も加速操作をすれば、少しですが加速します。0.001秒を縮めるため、ギリギリまで加速しましょう!
スタートは『Go!』の合図で操作しては出遅れるので、合図と同時にスタートが切れるよう、ほんの少し直前に操作するのがコツになります。こちらも、フライングに注意が必要です。



【やり投】 ~記録:91.216m~
 助走でパワーゲージ枠を広げ、適度な位置でやりを掲げてパワーゲージを溜める。Lスティックで角度を決めたら(35度がベスト)、Xボタンで投てきし、その飛距離を競う。パワーゲージ枠がMAX、さらに溜まったパワーゲージMAX状態でベストに近い角度で投てきすると、スペシャルスローが発動して好記録が出せる。言うまでもなくスペシャルスローが発動させられるか否かが勝負の分かれ目になるので、感覚をつかむまで何度も練習することになるだろう(なった)。

<開発チームからアドバイス!>
どこでパワーを溜め始めるかが重要です。早すぎると時間が余り、溜める機会が無駄になってしまい、遅すぎると溜めきれなかった、となるので、その境目を試行錯誤して見つけてみてください。
ファウルラインぎりぎりで踏ん張ることができますが、理想の投擲ではありません。踏ん張りが出ずに、ファウルラインぎりぎりで投げるのが理想です。(踏ん張りはファウルにならないための救済処置)



【三段跳】 ~記録:19.365m~
 ボタン連打で助走し、ホップ(右足)、ステップ(右足)、ジャンプ(左足)の順にX、X、Yと押して跳躍、その飛距離を競う。連打力は当然として、やはりジャンプタイミングが最重要課題。

 キャラクターの足が地面につく瞬間を狙うのだが、すべてのジャンプ評価がPERFECTだとスペシャルジャンプになり、飛距離が段違いに伸びる。逆にいえば、スペシャルジャンプでなければ、記録更新は望めないということでもある。最初は失敗してもいいので、ジャンプタイミングを覚えるところから始めるといいかもしれない。

<開発チームからアドバイス!>
飛距離は踏切版からの計測になるため、踏切版ぎりぎりで飛ぶほうが記録が伸びます。ファウルには注意しましょう。
着地操作をすると少し飛距離が伸びます。着地操作が成功するとキラキラエフェクトが表示されます。



【円盤投】 ~記録:75.355m~
 Lスティックを上から時計回りに回すとパワーゲージが連動して溜まるので、コントローラーの傾きを斜めに傾け(35度がベスト)、Xで円盤を投げる。パワーゲージが90%以上に達した状態で投げる角度がベストに近いとスペシャルスローになり、飛距離がグンと伸びる仕組みだ。

 注意したいのは、投てき本番ではパワーゲージの量を確認できないという点。練習時に、どれくらいLスティックを動かせば、パワーゲージがどれだけ溜まるかを覚えておかなければならないのだ。これが地味に難しく、“感覚”が重要視される一風変わったおもしろい競技になっている。

<開発チームからアドバイス!>
パワーの溜まり具合はキャラクターの動きにも連動しているので、キャラクターの動きも参考にすると溜めやすくなります。
スペシャルスロー後の円盤を水平にする操作も重要です。できるだけ円盤が傾かないようにすると飛距離が伸びるでしょう。


スポーツクライミング】 ~記録:64.333m~
 制限時間内で、どれだけ高所まで登れるかを競う競技。LorRスティックを傾けてつかまりたいホールド(壁に打ち付けてある岩のようなもの)を選び、表示される“手アイコン”をホールドに向け、ぴったり重なるタイミングでLorRボタンを押すと飛び移ってホールドをつかむ。基本的にはこれをくり返して登っていくことになるが、途中にあるスペシャルホールド(星型)につかまると、スペシャルクライムを発動できる。

 LRを同時に、タイミングよく押すと連続で発動できるので、一気に距離を稼ぐことができる。なお、各ホールドをつかむ際、手アイコンを止めるタイミングが悪いバランスを崩し、スタミナが大きく減少する点に注意すべし。スタミナがなくなると、落下してとんでもないタイムロスになってしまう。

<開発チームからアドバイス!>
タイムロスをどれだけ無くすかが重要になります。“手アイコン”がホールドに向かったり、戻ったりしていますが、ホールドに向かった際の最初に重なるタイミングで合わせられると、かなりの時間短縮になります。
小さいホールドは体力が減りやすい、大きいホールドは体力が減りずらいを意識するだけでも記録に差が出てくるかと思います。
慣れてきたら、回復ホールドを無視したルートパワークライムで新なルートを開拓するといいでしょう。



【水泳】 ~記録:45.159~
 キャラクターごとに異なる泳法で泳ぎ、そのタイムを競う。連打が速いほどいい陸上競技とは異なり、水泳は泳ぐテンポを適切に保つことが重要になる。テンポが適切だとスペシャルゲージが溜まり、猛スピードで泳げるスペシャルスイムを発動しやすくなるが、テンポが速過ぎると逆にスペシャルゲージが減ってしまう。

 また、プールの端近くでは、直前からRを押し続けてパワーを溜め、壁を蹴るタイミングに合わせて左スティックを下に入力するとターンになる。溜めるパワー量と壁蹴りタイミングベストだと加速するため、こちらもしっかりと成功させることがタイム短縮のための鉄則だ。

<開発チームからアドバイス!>
泳ぐペースが早過ぎても遅すぎてもよくありません。ペースオーバーぎりぎりを狙ってペースを調整すると好記録が狙えます。
スペシャルスイムは、発動中にゴールするより、解除と同時にゴールになるほうが理想的です。発動する位置を試行錯誤して、ぜひ記録に挑戦してください。
スタートは『Go!』の合図で操作しては出遅れるので、合図と同時にスタートが切れるようほんの少し直前に操作するのがコツになります。フライングにだけ注意しましょう。


これは複数人でプレイしたら絶対楽しいやつだなぁ……(ぼっちの意見)

 どの競技もシンプルでいて、やり込むほどに味わい深さがにじみ出てくるのは素晴らしい。相当な種類がありながら、だ。ひたすら記録を伸ばすことを目的に楽しむもよし、記録度外視で皆でワイワイと楽しむもよし。ストーリーモードをじっくりプレイしても楽しいし、オンラインで見知らぬ強豪を探し求めるのも一興。

 記録系統のものだけでなく、サッカーラグビーといった球技、ボクシングや空手などの格闘技もあるなど、ちょっとやそっとでは遊び尽くせないボリュームなので、末永く楽しめるはずだ。





TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. (C) 2019 IOC. All Rights Reserved. (C) NINTENDO. (C)SEGA.