0_e5

 年が変われば陰謀論もまた更新される。2017年度版の陰謀論の多くは、2016年に流れた噂が相変わらず囁かれ続けているものか、世情に合わせて改定されたものだ。

 だがそのテーマは相変わらずで、シークレットガバメントの企み、テロ、銃撃戦のでっち上げ、世界滅亡の兆候といったことに関連する。

 そこには笑えるものからあり得ないもの、ぞっとするものなど様々である。海外ランキング投票サイトで選出されていた2017年に話題となりそうな陰謀論は以下のとおりだ。

―あわせて読みたい―

アメリカ人の2人に1人は信じている、6つの医療的陰謀説
陰謀論者に衝撃が走る。米空軍の高周波活性オーロラ調査プログラム「HAARP」が閉鎖へ
SF小説がはかどる。UFOにまつわる10のトンデモ陰謀説
あの噂は本当だった。真実であることが明らかとなった7つの噂・陰謀説
「ポケモンGOは米国特殊機関がスパイ活動のために開発した?」最近アメリカでまことしやかに囁かれている10の陰謀論

1. NASAは嘘をつき続けている


1_e7

 アポロは月に行っていないとか、UFOと接触したのを隠しているとか、NASAに関する陰謀論は事欠かない。

 2017年初頭、太陽に穴らしきものが写った画像が公表された。

 NASAはそれについて口をつぐんだままだ。
UFOだろうか? それともただの飛行機だろうか?

2. 大地震が発生する

2_e7

 これは毎年囁かれているので、今年も恒例だ。そして世界のどこかでは必ず地震が起きている。問題はその規模だ。

  タイム・クロス・プロジェクト2017によれば、今年は超巨大地震と津波が地球を襲うそうだ。

3. 展開される偽旗作戦

3_e3

 アメリカで連日報道される銃乱射事件。 だがそうした事件は、銃反対派が銃規制を進めるためにでっち上げた作り話という陰謀論がある。2017年もまたこうした偽旗作戦が一層激しく展開されると予想されている。

偽旗作戦とは・・・
あたかも他の存在によって実施されているように見せかける、政府、法人、あるいはその他の団体が行う秘密作戦のこと。敵になりすまして行動し、結果の責任を相手側になすりつける行為である。名称は自国以外の国旗、つまり偽の国旗を掲げて敵方を欺くという軍の構想に由来する。

4. 米政府は外国の政府転覆を計画している

4_e4

 米政府が世界征服のために他国から資金を剥ぎ取ろうとしているという。

  すべての発端は、インドのナレンドラ・モディ首相が同国の2大銀行の紙幣を無効にし、国民が現金を銀行口座に預けるための猶予期間を設けたことだ。

 生憎、インド国民の半分は銀行口座を持っていない。これは食料物資を配給制にすることで人口抑制を行おうと考える多国籍企業にとっては幸いなことである。2017年後半か2018年までには廃貨によって第二世界と第三世界に混乱がもたらされ、世界中の人々が食料を奪い合うようになると言われている。

5. 反トランプ派グローバリストが株式市場の崩壊を企てる

5_e

 世界の運命を決定しているシークレットガバメントトランプ大統領の当選を食い止めることが叶わなかったが、だからと言って歴史に彼の汚名を残すという陰謀を諦めたわけではない。

 そのために、株式市場を崩壊させようという計画があるらしい。しかしこれによるトランプ大統領への影響は一切ないという見解もある。

6. トランプ政権はロシアの傀儡

7_e

  仮にトランプ大統領ロシアの極秘計画を遂行するために遣わされた操り人形なのであれば、米国はNATOから脱退し、シリアに介入するロシアを支援することさえありえるといわれている。

7. イスラム教徒が米国、ミシガン州に潜入

8_e0

 イスラム教徒の脅威は現実のものであり、彼らは米国の制圧を狙っている。その手始めはミシガン州だ。ここは米政府からあまり重要視されておらず、やもすると無視されている感もある。過激派が潜入するうえでこれ以上の場所はないだろう。完璧な計画である。

8. 主要メディアが代替メディアの信頼を失墜させる

8_e1

 主要メディアが企てるのは、代替メディアの信頼性を地に落とし、彼らにとって好ましい真実を世界に流布させることだ。

 だが、その方法はいかなるものか? 簡単だ。自ら代替メディアサイトを作り出し、偽ニュースを投稿しまくるのだ。こうすればまっとうな代替メディアにもおかしな人間が運営しているかのような印象を与えることができる。代替メディア名誉毀損の訴えでも起これば最高だ。

9. 国際的な食料危機が始まる

9

 人口をコントロールする最も容易な方法の1つが食料の供給を制御することだ。グローバルエリート2017年に実行しようと目論んでいるのがこれだ。

 彼らは自家用ジェットの所有など夢のまた夢でしかない庶民の99パーセントを破壊しようとしている。ベネズエラでは食料危機による荒廃がすでに始まっており、不当利得行為が北米で横行するようになるのも時間の問題だろう。という陰謀論である。

10. ついにHAARPが発動され、天候の改変が行われる

10_e0

 アラスカにあるHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)の再稼働準備が整った。つまり、とうとうこれで世界の気候を劇的に改変する算段が整ったということだ。

 例えばアメリカの場合、共和党を支持する州では作物の収穫を安定させ、そうでない州には干ばつを起こすような使い方をされることが懸念されている。

via:Conspiracy Theories We Think Will Be A Thing In 2017/ translated hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52241237.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

1800年代後期、ギリシャ王国時代の珍しい写真
音楽にはあらゆる文化に共通する普遍的な文法が存在する(米研究)
独自の伝統を持つチベットの仏教音楽の歴史とその美しい楽譜
インカの目覚めより先に?湖底で発見された遺物により明らかとなった謎めいた南米の文化(ティナワク)
知恵の勝利。不利な状況をくつがえし大きな戦果を上げたかつての戦闘における8つの戦術

―知るの紹介記事―

二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)
アマゾンの伝統的幻覚剤「アヤワスカ」脳波を変化させ白昼夢を見ている状態を作り出していた(英研究)
インスタで話題の「肛門日光浴」本当に効果あるのか?
コップのカップにピッグと書いたスタバのバリスタ、警察側が激怒(アメリカ)
カラスは人間の子供と同じくらい自制心があり、目先の欲求を我慢することができる(英研究)
2017年、今年話題になりそうな10の陰謀論