ドラマ『全裸監督』(Netflix)に出演した女優・森田望智が、5日に放送された『じっくり聞いタロウスター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)に出演。山田孝之らとの撮影裏話を明かした。

 AV監督の村西とおる(山田)の半生を描いた『全裸監督』。森田は、元AV女優の黒木香を演じ、ワキを見せたり、裸になって絡みシーンに挑んだりと体当たりの演技で話題を集めた。同作品に出るまでは無名女優だった森田。世界にも配信されているドラマのため、SNSにはアラビア語韓国語メッセージが届いたという。また、作品は両親と鑑賞。母親は大笑いをしたが、父親は苦笑いだったことを明かした。

 「オーディションは数百人規模で行われたそうです。もちろん、裸になれるかどうかが重要なことだとは思うのですが、ダイレクトには聞かれなかったのだとか。森田は、面接で『遠回しに覚悟の部分を聞かれている印象があった』と振り返りました」(芸能ライター)

 ベッドシーンでは、ニップレスを着けずに「10時間くらいずっと裸でいた」と回顧。撮影隊に見られてはいるが、まったく気にならなくなったという。共演した満島真之介からは、撮影中に女性の裸を見過ぎたせいか、「何も感じなくなった」と明かされたと話した。

 また、村西監督が憑依したと話題になった主演の山田。しかし、本人的にはモノマネをしようと思って撮影に臨んでおらず、終わって観てから「似ているな」と思ったそう。監督がなかなかカットを掛けないスタイルだったため、台本にはない山田のアドリブが面白かったと回顧した。

 「村西監督と黒木の絡みで笛を吹くシーンがありましたが、本来はバスローブを脱がして終わりだったようです。しかし、カットが掛からないため、山田は『生まれたての赤ん坊のように裸が……』と、テストの時からアドリブ全開だったそう。山田曰く、テストの時の緊張感の中で出てきた言葉を言っただけであり、事前に考えているわけではないとのこと。この話には、話を聞いていた番組出演者も驚いていました」(同上)

 第二弾の配信が決定している『全裸監督』。大きく話題になったドラマだけに、また裏話を聞きたいものだ。

山田孝之