貧乏でもくじけることなくたくましくハチャメチャに生きるギャラガー一家を描く米Showtimeファミリードラマ『シェイムレス 俺たちに恥はない』のクリエイターと、DCアンチヒーロー映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で知られるマーゴット・ロビーが、Netflixベストセラー回顧録ドラマ化することが分かった。米Varietyが報じている。

『シェイムレス』でクリエイターを務めるジョン・ウェルズと脚本を手掛けるモリー・スミスメッツラー、そしてマーゴットがタッグを組む新作ドラマは、ステファニーランド回顧録Maid: Hard Work, Low Pay, and a Mother's Will to Survive」を下敷きにしたシリーズ回顧録ではメイドとして働くことになったシングルマザーが生活に苦しみ、貧困や宿なし生活、役所との関係で苦労した体験などが綴られる。

メッツラーが脚本・ショーランナー・プロデューサーを務め、製作総指揮にはマーゴットと著者のランド、ウェルズとトム・アカーリー(『アニー・イン・ザ・ターミナル』)が名を連ねている。

プロデューサーとしても活躍するマーゴットは、シェイクスピア作品を現代女性の視点で甦らせるオムニバス構成のドラマシリーズを製作すると昨年報じられていた。また、女優のキャリアも好調で、主演・製作を務めた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で2018年の第90回アカデミー賞主演女優賞にノミネート。今年はクエンティン・タランティーノ監督の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で実在の女優シャロン・テートを演じ、2020年には『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインが主人公となるDC映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』が3月20日(金)より公開される予定だ。

ドラマ版「Maid」にマーゴットが女優としても参加するのかは現時点で不明だが、新情報が届き次第、紹介していきたい。(海外ドラマNAVI

Photo:

『シェイムレス』
© Warner Bros. Entertainment Inc.
スーサイド・スクワッド
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC