年末年始は、取引先の忘年会新年会、同窓会、ちょっとしたパーティーなど“お呼ばれ”の機会が増えるものです。会場がホテルや一流レストランの場合は、ドレスコードが決まっていることも珍しくありません。そんなとき、今さら人に聞きにくいのがその基準ですよね。そこで、ドレスコードについての基礎知識を紹介していきましょう。

 ドレスコードには、格式の高いものから順番に「フォーマル」「セミフォーマル」「インフォーマル」「スマートエレガンス」「カジュアルエレガンス」「ビジネスアタイア」「スマートカジュアル」があります。

フォーマル」は、皇室の方の服装や、格式高いホテルなどの結婚式で着るもの。ロング丈のドレスが基本です。「セミフォーマル」は一般的な結婚式。膝丈のドレスでもOKです。「インフォーマル」は、「平服でお越しください」といわれたときのケース。色や素材に決まりはありませんが、おしゃれ感のあるドレスを着ましょう。

「スマートエレガンス」は、結婚式の二次会などに多く、普段のお出掛けよりも背伸びしたぐらいのドレスを。「カジュアルエレガンス」は、パンツタイプドレスもOKです。「ビジネスアタイア」は、株主総会やビジネスシーンなどのときの服装で、スーツが基本となります。「スマートカジュアル」はジーンズ、サンダルTシャツがNGぐらいのイメージです。

 かしこまり過ぎず、ラフ過ぎず、TPOに合わせて恥をかかないようにしたいですね。また、ドレスコードが決められていない場所でも、会の目的によって着ていく服をチョイスしてくださいね

アサジョ