仕事や本業を通じて社会課題の解決に挑む人と組織の育成を目指す一般財団法人 エン人材教育財団(所在地:東京都新宿区、理事長:越智通勝、以下当団体)は、大学生のキャリア開発・就職支援を目的にしたen Career Creation Lab.でのキャリア教育活動において、経済産業省主催 第10回「キャリア教育アワード」奨励賞を受賞いたしました。


en Career Creation Lab.では、「就活スタートアップ講座(大学3年生向け)」と「enキャリ(大学1-2年生向け)」という2つのキャリア支援プログラムを実施しています。就職活動において「内定を得ること」をゴールとせず、社会で必要となる仕事価値観について考え、学生が自分の「なりたい姿」を描き1歩踏み出すことを目的にしたプログラムです。本プログラムの修了生向けに、長期的なコミュニティを形成しており、社会との接続や学びの場を提供しています。一人でも多くの若者が働くことの本質について考え、主体的にキャリア形成と向き合うことができるよう、努めてまいります。

「キャリア教育アワード」について

キャリア教育アワードは、産業界による優れた教育支援活動の取組とその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的として、企業や経済団体による教育支援の取組を公募し、優秀と認められる事例を表彰するものです。2010年度より実施しており、最も優秀と認められる取組には、経済産業大臣賞を授与されます。

※キャリア教育アワードURL
https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/career-education/award.html

en Career Creation Lab 「第10回キャリア教育アワード奨励賞」受賞理由

<審査委員からの評価コメント
  • 大学生の進路選択において社会との接点が少ないという重要な問題を捉え、学業と社会の繋ぎを円滑化する取組みは重要。参加費用をとらないことや2日間のプログラムにするなど学生が参加しやすい工夫があり、参加人数も増えている。
  • 学生向けの就活講座にとどまらずコミュニティ運営により卒業・就職後の実践的な学びの機会を提供することで長期的な人材育成の支援を目指している点に特徴がある。

en Career Creation Lab.の取組み
■キャリア支援プログラム

en Career Creation Lab.は、「就活スタートアップ講座」(大学3年生向け)および「enキャリ」(大学低学年向け)という2日間のキャリア支援プログラムを行なっています。アクティブラーニング形式で、グループディスカッションやワークを通し、「誰のためにどんな仕事で役に立ちたいか」という問いについて考えながら、働くことの本質や自分自身、社会について考え、納得のいく就職活動と入社後の活躍を後押しします。過去4年間で参加者は6000名を超えています。

■長期的なコミュニティ運営

2日間のキャリア支援プログラムを終了した学生を対象に、仕事を通じて社会をよくする思いを持ち、入社後も活躍し続ける人材の育成を目的にした若者のコミュニティを形成しています。このコミュニティの中で、実践的な学びの機会を多数用意しています。コミュニティスペースもあり、他大学の仲間や卒業した先輩社会人等との相談や情報交換、学び合いの場として長期的に続くコミュニティ運営を行っています。

配信元企業:一般財団法人 エン人材教育財団

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ