オンライン英会話アプリネイティブキャンプ英会話」(https://nativecamp.net/)を展開する株式会社ネイティブキャンプ(東京都渋谷区 代表取締役:谷川国洋)は2019年12月6日(金)、神奈川県を英語で案内する「都道府県教材 神奈川県」を公開。

【作成経緯】
ネイティブキャンプ英会話日本人が自分の出身地以外の都道府県も英語で紹介できるように、日本各地の特色やアピールポイントオリジナル教材としてリリースする「おもてなし100プロジェクト」を発足。多くの訪日外国人が見込める2020年オリンピックまでに100箇所分に該当する100種類の教材の作成を予定しています。現在計43県の教材をリリースしました。
今回公開した「都道府県教材 神奈川県」は代表的な観光スポットである「横浜赤レンガ倉庫」、「横浜中華街」、「江の島」や名物料理の「生しらす丼」などの名産、料理、観光地をロールプレイを通して学ぶことができます。

また、トリビアコーナーでは横浜駅が「日本のサグラダ・ファミリア」と呼ばれていることについてのコラムを紹介しています。

以下のURLからどなたでも閲覧が可能です。
都道府県教材」一覧:https://nativecamp.net/textbook/series/81
都道府県教材 神奈川県URLhttps://nativecamp.net/textbook/page-detail/2/4003

ネイティブキャンプの特徴
ネイティブキャンプ」(https://nativecamp.net/)は、独自のサービスで「いつでもどこでも英会話レッスン」が受講できる唯一の定額制オンライン英会話アプリです。2015年6月にサブスクリプション英会話サービスを開始後、およそ4年3ヶ月で世界累計利用者数30万人を突破。
  1. レッスン回数無制限
  2. 24時間365日レッスン可能
  3. 世界100ヶ国の講師
  4. 話し放題・聞き放題・読み放題・書き放題
  5. パソコンスマホタブレット、どこからでもレッスン
  6. オンライン英会話初カランメソッド正式提携校
  7. 1,980円ファミリープラン

以上7点を特徴とし、世界各国のバラエティ豊かな8,000名以上の講師と4,000以上の豊富な教材による英会話レッスンは累計レッスン数900万回を超え、多くの方にご利用いただいています。
限られた時間の中で効率よく最速で英語を習得するために最適な環境がネイティブキャンプには整っています。
「話す」「聞く」「読む」「書く」の英語4技能を高めるために、最適な環境がネイティブキャンプには整っています。

株式会社ネイティブキャンプについて(https://nativecamp.co.jp/
ネイティブキャンプアジアにおいて最も成長しているオンライン英会話会社のひとつです。個人向けサービス、法人向けサービス、教育機関向けサービスとしてオンライン英会話レッスンを手頃な価格で提供しています。 世界各地に拠点をおき、アジア地域、ヨーロッパ地域、北米地域でオンライン英会話サービス事業を運営、その規模は急速に拡大し続けています。

150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2 大畠ビル
代表取締役: 谷川 国洋
事業内容: オンライン英会話サービス事業

■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
株式会社ネイティブキャンプ 広報部
Tel:03-5539-6857
E-mail:press@nativecamp.net

配信元企業:株式会社ネイティブキャンプ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ