写真提供: Gettyimages

 エバートンは現地時間5日、マルコシウバ監督の解任を発表した。マルコシウバ監督の後任としてエバートンは現在、上海上港で監督を務めるビクトール・ペレイラ氏の招へいに興味を示しているようだ。6日、『スカイスポーツ』が報じている。

 ペレイラ監督はポルトガル出身の51歳。2010年にはポルトアシスタントコーチに就任し、現在オリンピック・マルセイユで監督を務めるアンドレ・ビラス・ボアス監督の右腕として活躍した。

 その後はポルトやアル・アハリ、オリンピアコス、フェネルバフチェなどで監督を務め、現在は上海上港で指揮を執っている。

 エバートンは 先日行われたリバプールとのマージーサイドダービーで2-5で敗れた後、マルコシウバ監督の解任を発表。デイビット・モイーズ氏の監督復帰も噂されているが、はたして新監督は誰になるのだろうか。