【“愛子天皇”は是か非か】「皇族の女性はモノ的に扱われてはいないか」三浦瑠麗氏インタビュー から続く

 皇位継承の問題をどのように捉えるべきか、「週刊文春デジタル」では各界の識者に連続インタビューを行った。最大の焦点は「女性天皇」「女系天皇」を認めるか否かだ。今回は、脳科学者・中野信子氏に聞いた。

 皇位継承問題については複数の主張が混在しています。女性宮家を考慮すべきとおっしゃる方、一代限りであれば女性天皇を認めるというお考えの方、さまざまおいでですが、天皇家が存続していくことを望むという趣意には多くの方の意見が一致するものだろうと思います。

 この問題をめぐっては実にたくさんの議論がなされています。ということは、国民全体が皇室に強い関心をもっている証拠なのだと、改めて感じます。皇室を尊び、敬愛の心を持って、今後も大切な存在として敬い続けていきたい――そんな気持ちの表れなのではないでしょうか。

 皇位を継承するにあたって、男系の男子として該当の方がいらっしゃらない場合、皇籍を離脱された方に再び戻っていただくなどの方途を提案される方もおいでです。たしかに、当面の課題を回避するに当たっては有効な方法であろうかと思います。

 ただ、かつて存在した側室を持つ仕組みを取り入れることが、現代の先進国における社会通念とはやや相容れない性質を持つことから事実上難しいとなると、いずれ同じ問題に直面する可能性は完全には排除できないでしょう。またその都度、同じ議論を繰り返すとなると、国際的に見てやや奇異な印象を持たれてしまうのではないかという危惧を持ちます。

 極論をいえば、皇統を維持するために、最新科学のバイオテクノロジーを使った生殖医療を積極的に導入するという考え方もあり得なくはないのです。「男系男子に限る」という秩序を忠実に守らなければならないという原則を重視するのであれば、畏れ多いことながら、天皇家の男系の遺伝子を用いて代理母に出産してもらう、という選択肢すら可能性としてはあり得るということになる。

 しかし現実的には、側室を持つという一夫多妻の制度の導入にも、バイオテクノロジーを頼るという考え方にも、かなり抵抗のある方が多いのではないでしょうか。そんな話をするだけで「けしからん」とお怒りの方も、相当数いらっしゃるに違いありません。

 こうした問題が混在する中ですが、議論が盛り上がっていることを奇貨として、国民全体が、天皇制について本当に維持したいものは何なのかということを、いましっかり考えるべきときなのかもしれないと思っています。

Y染色体にこだわる根拠とは?

 脳科学の観点から、男性と女性の違いについて訊かれることもあります。男と女で身体が違う程度の差は、脳においても違うといえます。しかし、性差よりも個体差のほうがより大きいという考えのほうが研究者の間ではより一般的です。「男性と女性のどちらが天皇になるか」より、「どんな方が天皇になられるか」のほうが、脳科学的に見ればより重大な問題ではないかと捉えられます。

 また、しばしば男系を守るべき根拠としてY染色体のお話を持ち出されることがあるのですが、やや奇妙に聞こえます。天皇家の長い歴史に比べれば、それが発見されてからの歴史はおよそ100年程度です。

 Y染色体以外にも人間には形質を伝えるための遺伝的なキャリアは存在するのですが、Y染色体に限らなければならない根拠が不明瞭です。これならまだ、伝統的に男系男子に限るので現在はそれを変えるべきときではない、としたほうがまだ説得力があるでしょう。また、わざわざバイオサイエンスの話を持ち出す人なら積極的な生殖医療の利用についても言及しそうなものですが、そうでもないというのも理解に苦しみます。

 私は、男系のままがいいか、女系を認めるべきか、ジャッジする立場にはありませんので、議論に敢えて加わろうとは思わないのですが、しかし現在の状況を分析すれば、「女系はありか、なしか」という論争にはあまり意味がないのではないでしょうか。現行の仕組みでは「男系男子」の維持はいずれ構造的問題として不可能になるであろう懸念を取り除くことができないからです。それでも「女系は受け入れるべきでない」ということなら、代わりのシステムを何か考える必要に迫られるでしょう。

 ただ、そもそもジェンダーを男と女の2種類とする分け方が、世界的には古くなりつつある時代でもあります。女系天皇というワーディング(言葉遣い)自体が、世界に向けて「日本は女性の権利が制限された国です」というアピールになりかねないことに、もう少し自覚的にならなくてはいけないかもしれません。

 男女の格差を示すジェンダー・ギャップ指数という尺度があります。日本は2018年、世界149か国中の110位でした。つまり、ただでさえ「日本で暮らす女性はかわいそうだ」と国際社会から見なされている現状があり、その上で「天皇になれるのは男系男子のみ」という原則があるのを、どう説明していくのか。なかなか困難なことではないのかなというのが率直な感想です。

プレッシャーに負けない小室圭さん

 男系男子の原則を守っていくとなると、将来にわたって、皇室に嫁ぐことになられる女性への「皇統を維持しなければならない」という国民の大きな期待からの重圧は計り知れないものになるだろうことは容易に想像ができます。民間から皇室に入られる方は自らに向けられる視線から何から、それまでの生活とは一変するわけですから、心のご負担も相当のものになるでしょう。

 そんなプレッシャーに負けなさそうなイメージのある方ということで思いつくのは、眞子さまのお相手として報じられてきた小室圭さんかもしれません。ただ、一般的な国民目線からは、むしろプレッシャーを重すぎるほどに感じ、真摯な姿勢で受け止めるくらいの方のほうが受け容れやすいだろうとは思いますが。

 いま小室さんのご婚約がなぜ疑問視されているかといえば、小室さんの金銭的な問題や、お母様のお振る舞い、皇室に縁する方となられるにはやや不適切と思われるような風情の写真が流出したからでしょう。特に小室さんを擁護する気はありませんが、もしもこの方の家柄がとても素晴らしいなど条件面での事情が異なっていたなら、報道する方の姿勢はどう変わったのだろう、みなさんもどうお考えになったのだろう、という素朴な疑問は持ちました。

 個人の意思とロイヤルファミリーとしての責務のどちらを優先するかという問題は、どの国にも生起し得る課題です。イギリス王室では、アン王女の離婚、再婚問題、チャールズ皇太子の不倫とダイアナ妃との離婚、そしてダイアナ妃が王室を離れてからの死など、報じられた当時は連日連夜世界中でニュースが流れ、王室へのバッシングが起こりました。それでも、イギリス国民の王室に対する敬愛の気持ちは消えてはいないように思います。

 本当に大切なことは、日本国の象徴としての天皇がいつまでも国民に敬愛され、天皇家が続いていくには、何を優先すべきかということをもう一度しっかり一人一人が考えていくことなのではないかと思うのです。この議論を進めていくには、より寛容な姿勢と柔軟な発想が求められるかもしれません。

 ただそうして議論をしていくこと自体に大きな意味があり、それが日本国と国民の姿をより新しい時代にふさわしい形へと導いていくのではないかという希望を持っています。

(中野 信子/週刊文春デジタル

中野信子氏 ©文藝春秋