相手を愛しているにもかかわらず、それを受け入れない、あるいは終わらせにかかるなどすると、その気持ちは憎しみに変わり、相手を追いかけ回すようになる。平成に入り、このような人物を「ストーカー」と呼ぶようになった。

 そんなストーカーたちは、様々な「気持ちの悪い行為」をしてくる。なかなか表沙汰にはなりにくいが、とんでもない行動に出た男が、世間を騒がせたことがある。

 事件が発生したのは2017年京都府丹波市に住む男(73)が、常連として通っていた府内の喫茶店経営者の30代女性に一方的な恋心を抱くと、2人になった際、交際や肉体関係を迫るような発言を繰り返し、店を出入り禁止になった。

 すると、男の歪んだ愛情はエスカレートし、喫茶店ポストに物を入れる形に移行。肉体関係を迫る手紙や男性向け成人雑誌を入れるなどする。もちろん、それでも女性が反応することはないのだが。

 73歳の男は憤りを感じたのか、とんでもない行動に出る。人参を手にすると、男性器のような形に切り刻み、コンドームをかぶせてポストに入れたのだ。ご丁寧に「僕のことを思い出して使ってください」という手紙が書き添えられていた。気持ちの悪いこの行動で、男はストーカー規制法違反で逮捕されることになった。

 男は取り調べに対し、「恋愛感情はなく、いたずら目的だった」と語っていた。振られたことを受け入れ、「困らせてやろう」というような感情だったのかもしれないが、「嘘」である可能性も否定できない。

 この救いようがない事件に、「気持ちが悪すぎる」「73歳にもなって何してるの」「30代の女性が70代の男に恋をするわけないだろ」「色ボケジジイと言わざるを得ない」「自分の祖父だったら猛烈に嫌」と怒りの声が挙がる。

 また、「70にもなって肉体関係を迫る性欲だけは凄い」「70超えても30代女性に恋するものなのか」という驚きの声もあった。

 70を超えても恋をすることは結構なことだが、ストーカー化し他人に迷惑をかけることは犯罪。それは何歳であっても同じである。

文 櫻井哲夫

画像はイメージです