「雨の日には頭が痛くなる」「梅雨の時期になると古傷が痛む」という人は多いのではないでしょうか。このように、天気の変化によって起こる体調不良を「気象病」といいます。

ここでは気象病が起こる原因と対策についてみていきます。

気象病はなぜ起こる?


気象病の主な原因は、気圧の変化です。耳の奥には気圧の変化をキャッチする「内耳(ないじ)」という器官があります。

気圧が変化すると内耳から脳に情報が伝えられ、脳はその情報をもとに身体を周囲の環境に順応させようとします。

この内耳のセンサーが敏感過ぎると、わずかな気圧の変化でも脳に過剰な情報を伝えてしまいます。

その結果、自律神経が乱れて体調不良につながるのです。

・合わせて読みたい→
偏頭痛持ちの人はこの食べ物に気をつけよう!(https://cocokara-next.com/lifestyle/suffer-from-migraine/)

気象病の主な症状

主な症状として、頭痛やめまい、耳鳴り、神経痛、関節痛、古傷の痛み、ぜんそく、うつ症、不安症などが挙げられます。

天気が変わると体調を崩したり、気分が落ち込んだりする人は、もしかしたら気象病かもしれません。なかには、心筋梗塞などの重篤な病気につながるケースもあるので注意が必要です。

どんな対策をすればいいの

耳の血流が悪いと、気象病になりやすいと考えられています。耳周りの血行を良くするためには、耳のマッサージがおすすめです。朝、昼、晩の一日3回を目安に行いましょう。

●耳のマッサージ方法
1.親指と人差し指で両耳を軽くつまんで、上下横に5秒ずつ引っ張る
2.耳を軽く引っ張りながら、後ろ方向に5回ゆっくりと回す
3.耳を包むように折り曲げて、5秒間キープする
4.手のひらで耳全体をおおい、後ろ方向に5回ゆっくりと回す

日常生活においては、自律神経のバランスを整えることが大切です。日頃からバランスの良い食事、適度な運動、良質な睡眠など規則正しい生活習慣を心がけましょう。ストレスをためこまないことも重要なポイントです。

【参考】
「気象病…気圧低下自律神経に乱れ、両耳のマッサージ有効」 yomi.Dr/ヨミドクター読売新聞) (参照 2019-11-03)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

雨の日に頭が痛くなるのはなぜ?