いよいよ安定的な皇位継承をめぐる議論が始まる。最大の焦点は「女性天皇」「女系天皇」を認めるか否かだ。皇位継承の問題をどのように捉えるべきか、「週刊文春デジタル」では各界の識者に連続インタビューを行った。今回は、ジャーナリストの徳岡孝夫氏(89)に聞いた。

 僕の目が見えなくなってから、約1年たちます。ほかにすることがないので、『方丈記』のCDを何遍も聴いています。

〈行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし〉

 で始まる、皆さんご存じの『方丈記』です。少なくとも10回は聴いて、僕はビックリしました。著者の鴨長明は歌人ですが、ジャーナリストの先駆けだと気づいたからです。

方丈記』には、福原遷都のことが出てきます。平清盛が、京から神戸の福原へ都を移した話です。理由には諸説あって、奈良や京都の坊主がいろいろな要求を突きつけてくるのでしんどくなったせいだとか、源氏の攻勢から逃れるためだとかいわれます。

 鴨長明は〈いと、思ひの外なりし事なり〉〈世の人、安からず憂へ合へる〉と、その唐突ぶりや社会の戸惑いを表現しています。さらに、実際に福原まで足を運んで、現地を取材しているんです。その上で〈世の中浮き立ちて、人の心も治まらず〉という実態を、冷静に書いています。

方丈記』には、大火事、地震、飢饉などの詳細な記録もあります。中国の文化大革命を日本の新聞がおべんちゃらたっぷりに書いた記事などより、はるかに客観的ですよ。

 福原遷都の5年後、平家は源氏に負け続けて壇ノ浦まで逃げて、ついにザブンと海へ飛び込んで滅びてしまいます。清盛の孫にあたる安徳天皇は、1歳で即位して、このときまだ6歳。清盛の奥さんの二位尼から「波の底にも都の候ぞ」と促されて、一緒に飛び込みはったんです。

 さて、女性天皇と女系天皇の問題です。僕に言わせたら、京から福原へ都を移すことができたんです。平家が安徳天皇を連れて都落ちしたせいで、京都は天皇不在になったから、3歳の弟を後鳥羽天皇として即位させました。正統な天皇が2人同時に存在したんです。壬申の乱をはじめとして、皇室の存続が危なくなった例もないわけではない。

 ことの良し悪しを言うのではありません。そういう思いもよらない事態が、“時と場合によっては”起こるんです。だから女性天皇と女系天皇も、“時と場合によっては”あり得るのではないか。緊急避難的な事態もやむを得ないのではないか、と考えるわけです。

 僕がそう思い始めた理由は、たったひとつ。男の子がお生まれにならないから。このままでは、お血筋が絶えてしまう。この生物学的な現実は、どうしようもありません。

「理屈じゃない、男でないとダメ」

 平成18(2006)年1月26日号の『週刊文春』に、「女性・女系天皇『識者14人』私はこう考える」という特集が載りました。小泉純一郎内閣で議論が始まったときです。僕はその記事で、「理屈じゃない、男でないとダメ」と述べました。以下は引用です。

〈私は「天皇」という存在に、古代から続き、これからも永遠に続いていく日本の「家長」を感じています。これは心のありようなので、理屈で判断できない。〉

〈皇室に一夫一婦制が導入されたのは、大正天皇の時代から。天皇が「象徴」だという発明も、60年前になされたものです。ヘーゲルの弁証法も、民主主義の思想も、「天皇」の起源に比べればずっと新しい、チャチなものです。
 最近発明された制度や概念を持ってきて合うとか合わないとか言うのは、流行のルイ・ヴィトンの鞄が似合うかどうかと同じで、まったく意味のないことです。〉

「徳岡、お前は転向したんか!」と言われると辛い。前回は確かにそう思っていたけれども、時間がたって心境の変化があったのです。だって、生まれへんものはしゃあない。皇室の将来を心配するのは、日本国民として当然のことやからです。

 昭和から平成の御代替わりのとき、皇位継承資格をもつ男性皇族は、天皇(現上皇)のほかに7人いらっしゃいました。現在は、84歳の常陸宮を含めて3人です。戦後70年で、男子の皇族は3人しか生まれていませんが、内親王と女王は10人生まれています。降嫁された女性皇族(戦前生まれ含む)が7人。せっかくたくさん生まれている女性の皇族を民間人にしてしまうのは、もったいないことです。

 それに今の日本の趨勢は、「男にできることは、女にも全部できる」という主義です。いつ誰が決めたのか、知りませんけどね。それだけではなしに、「男にできることは女にも全部できると認めないことは、けしからん」という大合唱が、世の中にとどろいている。ほんなら、女に大相撲がとれるかと反問したいですが。

 この女権拡張を見るにつけ、「日本の精神風土が変わるのもしゃあないな」と思わざるを得ません。女性でも天皇の職責を十分に果たし得るどころか、果たし得ないであろうと言おうものなら、大変なことになると恐れます。「憲法を見てみい」と言われたら、何も言い返せなくなってしまう。ここは言論の自由のない国や。

キングクイーンの国と同列に論じられない

 日本国が何年続くかわかりませんが、地震や台風の備えをする国が、なぜ皇室に男の子が生まれない場合の備えをしなかったのか。新憲法に合わせて皇室典範を変えたとき、養子の可能性まで入れておけばよかった。子どもというのは、どんどん生まれるものだと思っているのが間違いだった。しかしもう、そんなことを言う自由は、この国からなくなってしまいました。そこで代わりの方法が、遅ればせながら「女もしたらええやないか」というわけです。

 引き合いに出されるのは、現にイギリスオランダは女王もいるやないか、という話です。しかしあちらは、キングクイーンの国。日本の天皇はエンペラーです。

 キングというのは、仲間うちの統率者です。エンペラーは、神や天の命によって位を得た人です。かつては中国、ロシアエチオピアなどに存在しましたが、いまは世界中に日本の天皇しかいません。同列に論じることは間違いです。

 僕は昭和5年生まれです。大阪で学徒動員されて、鉄道省の工場で働きました。機銃掃射から走って逃げたり、焼夷弾が落ちる汽車のプラットホームに腹ばいになって、目と口と耳をふさいで平たくなっていました。

 あの頃の日本人は、誰もが天皇陛下のために死ぬんやと思っていた。しかし昭和天皇が亡くなったとき、乃木希典のように殉死する人はいなかった。みんな「海行かば水漬く屍」と歌ってたやんか。天皇のために命を捧げようと、万葉集の時代から日本人は言ってたやんか。だから僕は、命を賭けて男系男子の存続を守ろうと戦うヤツもいないやろうな、と思っています。

世の中は移り変わっていく

 僕の結論は、女性・女系天皇について絶対駄目だとは思っていないというか、できれば男系を守ってもらいたいけれども、この現実に直面して、やむを得ない場合には仕方ないという消極的なものです。

 この気分は、朝鮮戦争のときに味わった感情に似ています。開戦当初、東京でパンパンと遊ぶのに慣れとったアメリカ軍金日成の朝鮮軍にどんどん負けて、釜山まで追い詰められました。それを見た日本人には、「いい気味や」という気持ちがあった。

マッカーサーが負けてくれたら、空襲の仕返しができる。しかしマッカーサーが負けてソ連が日本へ攻めて来たら、我々はシベリアへ連れて行かれるかもわからん。やっぱり、勝ってくれんと具合悪いな」

 と思った。あのときと同じような、矛盾をはらむ希望です。

 言い訳として引っ張り出したいのは、昭和天皇の辞世といわれる歌です。

〈あかげらの叩く音するあさまだき 音たえてさびしうつりしならむ〉

 世の中が移り変わっていくのはやむを得ないんじゃないか、と昭和天皇も言ってます。

 急いでやるべきは、早く制度を変えることです。そうこうするうち、男子の双子や三つ子がお生まれになって、物事が一気に解決するかもわからんと思ったりもしています。

(徳岡 孝夫/週刊文春デジタル

徳岡孝夫氏 ©文藝春秋