1点ビハインドの状況で同点FK弾を決め、チームの逆転勝利を呼ぶ

 フランス1部パリ・サンジェルマンPSG)は、現地時間7日に行われたリーグ第17節モンペリエ戦で3-1と逆転勝利を飾った。ブラジル代表FWネイマールは、1点ビハインドの劣勢から鮮やかな同点FK弾でチームを活性化。海外メディアは「ネイマールモンペリエで王になる」と称賛している。

 昨季王者で首位のPSGは、敵地で中位のモンペリエに苦戦。前半41分にPKを決められ、1点ビハインドのまま試合は終盤へと突入する。チームを救ったのがネイマールだった。

 後半29分、ペナルティーアーク後方でFKを獲得したPSGネイマールキッカーを担当。5人が並んだ壁の端を狙って蹴った一撃は、綺麗な弧を描いてゴールへ。モンペリエのアルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジの横っ飛びを嘲笑うかのようにゴールに突き刺さった。ネイマールの同点ゴールで勢いづき、その2分後にネイマールアシストからフランス代表FWキリアンムバッペが勝ち越し弾、さらにアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがダメ押しの3点目を決めて、PSGは鮮やかな逆転勝利を飾った。

 英サッカー情報サイト「CaughtOffside」は、ネイマールゴールを「ワールドクラスのFK」と称賛。「長距離から完璧な一撃。世界で最も偉大なサッカー選手の1人であることに間違いはない」と続けた。また、スペイン紙「AS」は「ネイマールモンペリエで王になる」と脱帽し、衛星放送「ビーイン・スポーツアメリカ版の公式ツイッターも、動画付きで「ロケットFK弾」と伝えている。

 リーグ戦では約2カ月ぶりのゴールを決めたネイマール。ここから一気にギアを上げてきそうだ。(Football ZONE web編集部)

FK弾を決めたPSGのFWネイマール【写真:Getty Images】