社会人とはいえ、若手のうちはお給料も低く懐事情はまだまだ暖かいとは言えません。

お金
※画像はイメージです(以下同じ)
 なかには暖かいどころか、大きな借金までしてしまっている“ゲキ寒”な人も……それは「一生安泰」と謳われる公務員でも例外ではないようです。

 地方の大学を卒業後、市役所職員として勤務しているKさん(男性・26歳)も借金地獄に苦しんでいる若手の一人です。

念願の安定した公務員になるも…

公務員を目指した理由はやはり“安定”でしたね。倒産することもないし、仕事がデキないからといってクビになることもない。いざ実際に入社してみると、たまの残業はありましたが、労働環境も充分ホワイトといっていいレベルで、特に大きな不満はありませんでした」

 新卒として地方の市役所に採用され、最初は順風満帆な暮らしを送れていたKさん。しかし、働き始めて半年、久々に地元の友人たちと飲みに行った際に給料面で大きなギャップを感じます。

「飲みに行った友人のうちの一人は、上京し大手不動産会社で営業職をしていました。彼の話を聞くと契約を結ぶたびにインセンティブが入り毎月の給料が跳ね上がるらしく、お互いに入社して半年でしたが、彼は近いうちに車を買うことも検討していました。

 私なんてまだボーナスが入ったとはいえ微々たるもので、とてもじゃないけどそんなことを考える余裕もなかったのですが、彼と話すうちに段々と自分も大きな買い物をするべきではないかと思い始め、つい『自分も車を買う』と言ってしまいました」

勢いで車を購入。しかし現実は非情なり

自動車 ローン

 もともと自分が車が好きだったというのもあり、飲みの席で思わず見栄を張ってしまったKさん。後日、車の購入を検討していた友人と一緒にディーラーへ行くことに。友人よりはいくらかランクを落とした車種を買うことに決めていたそうなのですが……。

「いざ、ディーラーに行くと目に映る車が全部カッコよく見えてきてしまって。やはりああいう場に行くと気が大きくなって『どうせ買うならいいものを買いたい』って思っちゃうんですよね。結局、友人とほとんど変わらない値段の車種を買いました。ホイールやエアロといったオプションもつけたので総額で500万円以上しましたね」

 公務員という安定した職についてはいましたが、給与制度が年功序列制というのもありKさんの給料では500万円は、かなり大きな買い物です。さらにそこからKさんは、たがが外れたように愛車のカスタムにお金をつぎ込んでしまいます。

「やっぱり、自分の車を持つと愛着が湧くのでそこに際限なくお金を使ってしまいました。毎月の給料はほとんど車のローンの返済とカスタムの費用に充てられてましたね。当然それだと生活ができないのでカードの支払いをリボ払いに切り替えたり、消費者金融でお金を借りて家賃を払っていました」

増える借金、ついには職場に…

借金

 そんな身の丈に合わない出費を重ねた結果、Kさんの借金は膨れ上がり、まだ完済できていなかった奨学金を含めると車を購入してから半年で約1000万円に。しかも悪いことにそんな現状が勤め先にもバレてしまいます。

「職場に消費者金融から何度も私宛に電話がかかってきていたみたいで。最初はシラを切りましたが、上司がその電話に折り返して事態が発覚したようです。一旦は組合からの貸付金で消費者金融からの借金を返済するよう上司から言われたのですが、その貸付金も車や他のことに使ってしまいました。結局お金はないので職場の先輩から借りて毎月生活するみたいな」

 その後、上司がKさんの両親に掛け合い職場の先輩への借金はなんとか完済したそうですが、いまだに消費者金融への借金、組合からの貸付金は残っているそうです。

「貸付金については給料から毎月天引きされます。残りの給料から毎月消費者金融へ少しずつ返済をしています。転職してもっと給料が高い会社に行きたいですが、貸付金があるので仕事を辞めることはできません。辛いですね。車を売ってしまえばもう少し楽な生活ができるのですが、どうしても売れなくて……」

 今回のKさんのように安定した公務員でも、当然ですが身の丈に合わない出費を繰り返すせば取返しのつかない事態に陥る可能性は充分にあります。好きなものにお金を費やすのは悪いことではありませんが“ほどほどに”が肝要でしょう。

― 特集・借金苦に陥る若者たち ―

<取材・文/郡司 イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【郡司】