ホームに立つ女性(shirosuna-m/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多くの人が活用する駅では、様々なトラブルが起こり得るもの。『Yahoo! 知恵袋』では、電車の降車時に起こったトラブルに注目が集まっている。

■故意ではないが…

相談を寄せているのは、電車でスカートが裂けてしまったという女性。車両から降りようとしたところ、入り口付近にいた女性のベビーカーにスカートレース部分が引っかかってしまったそうだ。

ビリビリに破けたスカートを見て呆然としていると、相手の女性からは「キャー! ごめんなさい!」と謝罪の言葉が。しかし電車から降りてくることはなく、そのままドアが閉まって電車は去っていったという。

関連記事:電車で座っていた女性 隣で座る男性の「不審な行動」に怒りをおぼえた

■モヤモヤが拭えない

「どっちが悪いとも言えない」と考えている質問者だが、「私が逆の立場だったら女性の服を破ってしまったら咄嗟に電車を降りてお金を渡したと思います」「悲鳴を上げて謝るだけで、何も行動を起こさなかったお母様にモヤモヤする…」と疑問を綴っていた。

■齋藤健博弁護士に話を聞いた

弁護士・齋藤健博先生

果たして、ベビーカーを持っていた女性に弁償の義務はあったのか。しらベぇ編集部が弁護士齋藤健博先生に話を聞いたところ、「今回のケースは故意に基づくスカートの損傷ではないでしょう。しかしそれでも『軽過失』として認められるものだと思われ、損害賠償義務も発生し得ます」とのこと。

スカート自体は既に生活において用いられているものなので、その分の『減価償却額』が問題にはなり得ますが、基本的には全額弁償することが多いように思われます」とも話しており、できればその場で名刺交換をして請求先を特定するのが良いようだ。

■悪いのはどちら?

今回のケースは法律上、どちらが悪いことになるのだろうか。齋藤先生の見解を聞くと、「刑法上の犯罪とまでは言えません。しかし悪いことと言うかは別とし、軽過失に基づく行為を起点としてスカートの損傷が発生しているのは事実です」とのこと。

ベビーカーを持っていた女性には「損害賠償義務」が生じるため、「できればその場で話をして『市場価格の半額を頂く』ことも現場での対処としてはあり得る」ともコメントしていた。

突然のトラブルが発生すると頭の中が真っ白になってしまうが、まずは当事者同士で話し合うのが大切だろう。

・合わせて読みたい→電車で中年男性にいきなり腕を掴まれた女性 「触らないで」と告げたら…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 取材協力/齋藤健弁護士

電車で突然スカートが裂けて唖然 接触した相手のとった行動は…