会社monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

会社の歓送迎会。新卒や転職などで新たな社員となった人を温かく迎える一方、世話になった人物をねぎらう送別会の意味もあり、人によっては良いイベントなのだが…。

■世話になった先輩の送別会

このほど、『Yahoo!知恵袋』に、会社の歓送迎会をドタキャンしたとつづったエピソードが投稿された。投稿主が勤める会社で、お世話になった先輩が退社しこのたび歓送迎会が開かれた。

投稿主は参加に乗り気ではなかったが、その先輩から直接「参加してほしい」と頼まれ、一旦は引き受けた。その後「嬉しい、待ってるね」といった趣旨の返事が来た。

関連記事:会社の社内行事に悩む女性 「切実な理由」に同情の声が相次ぐ

■やっぱり行かないことに

だが歓送迎会当日、「体調不良のため」と嘘の理由をつけ、投稿主はドタキャンしてしまう。ギリギリまで行くか迷ったが、やはり行きたくない気持ちが上回った。

翌日、先輩の最後の出勤日に謝りに行くと「私がいなくなってからも頑張って」と許してくれたか微妙な反応でエールを送った。投稿主は「罪悪感でいっぱいです」とさいなまれた。

■飲み会も仕事?

なお会社の行事についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部は、全国の20代〜60代の有職者478名に、社内イベントの代表格である「飲み会について意識調査」を実施。

全体の約4割が「飲み会も重要な仕事の1つだと思う」と回答。入社したての20代と、仕事・会社に成熟した60代が比較的高い結果となっている。

sirabee170630nomikai

ドタキャンは、できれば避けたいものだ。

・合わせて読みたい→キンタロー。が地味な特技を披露も 「普通じゃない」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
対象:全国20代~60代の有職者478名(有効回答数)

先輩の送別会をドタキャン… 翌日言われた一言に「罪悪感」